ここからページの本文です

生活環境学科 ファッションビジネス研究室 産学協同プロジェクト実施報告(1/30)

2014年03月10日

ファッションビジネス研究室がルミネ立川店と産学協業プロジェクトを実施しました。

画像イメージ↑ 販促担当の大槻様による課題提示

画像イメージ↑ 緊張の中、プレゼンがスタート

画像イメージ吉田店長(奥から2番目)、齋藤副店長(同3番目)

 昨年4月に誕生したファッションビジネス研究室に所属する3年生9名が、ルミネ立川店と産学協業プロジェクトを実施しました。ルミネ立川店は、学生たちも日常的に利用させて頂いており、「ファッションと言えば、ルミネ」という象徴的な商業施設です。

 本プロジェクトは、「ファッションフロアと食品フロアの買い回り促進施策提案」を課題に、10月にスタートしました。ブレインストーミングに始まり、幾度も重ねた実際の現場の視察調査、学科内アンケート、ディスカッションを通して得られた結果を、先日、プレゼンさせて頂きました。



 
 今回は、1.食品フロアのネーミング、2.イートインスペース、3.公共スペース、4.販促という4つの切り口から提案し、ご講評を頂いた吉田店長、齋藤副店長には多くの質問と同時に、現実的な実行可能性についてのご指摘も頂きました。

 何度も練習して臨んだプレゼン当日は、学生たちも緊張していましたが、笑顔で終了することが出来ました。学生たちにとっては実際のフロアを題材に、9名それぞれの視点を持ち寄りながら、ひとつのプレゼンに収斂させた4ケ月のプロセス、更に企業の方々からコメントを頂ける経験など、3年次の集大成として大きな力になったものと思います。

 貴重な機会を与えて頂きました株式会社ルミネ 立川店の皆様に、心からの御礼を申し上げます。