ここからページの本文です

本学学生が「八王子“きもの町おこし“アイデア募集」で優秀賞と特別賞

2015年11月13日

特定非営利活動法人心創り・智慧創り研究所が主催する「八王子“きもの町おこし”アイデア募集」において、本学学生2組のアイデアが、最優秀賞に次ぐ優秀賞と特別賞を受賞しました。

 優秀賞 【きもので巡る八王子】
  実践女子大学 礼法研究部 小井土真穂さん(代表者)

 特別賞 【鏡で見る八王子のきもの文化】
  実践女子大学短期大学部 日本語コミュニケーション学科 本田景子さん

この“きもの町おこし”アイデアは、古くから養蚕(ようさん)や織物が盛んで「桑都(そうと)」と呼ばれている八王子の歴史を踏まえて、2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けて募集されたもので、きものとアパレル、ユニフォームなどを扱う総合繊維商社ツカモトグループの協賛で行われました。

11月11日(水)に行われた授賞式には、礼法研究部の齊藤あゆみさんと橘川彩果さん、日本語コミュニケーション学科の本田景子さんが出席。賞状と副賞の浴衣セット等が授与されました。

ツカモトグループ、心創り・智慧創り研究所では、今度も全国様々な地域で“きもの町おこし”アイデアを募集するとともに、今回大学生が考えたアイデアの実現に向けて検討を進められるとのことです。

画像イメージ9名の大学生が授賞式に出席

画像イメージ特別賞:本田景子さん

画像イメージ優秀賞:礼法研究部

画像イメージ左から本田さん、齊藤さん、橘川さん