ここからページの本文です

Global Summit of Womenにヤングリーダー特別奨学生として本学学生が参加

2017年05月24日

 世界80か国以上の女性リーダー約1,000人以上が一堂に会し、「女性と経済」をテーマに、その解決策やアクションについて議論するGlobal Summit of Women(※以下、GSW)が、5月11日~13日の3日間、今回初の開催国となる東京で開催されました。

 この会議には、グローバルな知見と経験を高め将来のリーダーとして活躍してもらうことを目指し、「ヤングリーダー特別奨学生」として全国の大学・大学院から女子学生20名が選抜されました。その一人として、本学の大澤茉那恵さん(文学部英文学科3年)が選ばれ、大会3日間の全プログラムに参加しました。

 大澤さんは大会期間中、フォーラムやセッションを聴講するとともに、赤坂迎賓館で行われた晩餐会などすべてのプログラムに参加し、各国の名だたる女性リーダーと交流を行いました。

<大澤さんのコメント>
 3日間に渡る「世界女性サミット」に参加して、各国の女性リーダーから、グローバルな成功の秘訣を多く学びました。多様である事が世界的に求められていると、何度も「ダイバーシティ」という言葉を耳にすることで再認識できました。

画像イメージGSW東京大会でのセッションの様子

画像イメージヤングリーダー特別奨学生と大会実行委員長・中村紀子様(前列左から2人目)、参議院議員・森まさこ様(同3人目)