ここからページの本文です

フリーペーパー「A-SPORTS」紙面を学生が編集部と共同制作

2018年07月23日

画像イメージ学生が制作した紙面が
掲載されている2018年7月号

 7月10日発行「A-SPORTS」にて、本学学生による編集企画が紙面掲載されました。同紙は、トレンドに敏感な若年女性をターゲットとしたスポーツのフリーペーパーです。今回のコラボレーションは、フレッシュな感性と視点を同紙に取り込むために企画され、発行元であるダイオープリンティング株式会社より、本学の日本語コミュニケーション学科出版編集コースおよび人間社会学科に対し、学生による紙面の共同制作について打診があり、両学科の学生が参加することとなったものです。

 両学科の学生はそれぞれ出版やメディアを専攻しており、大学で学んだことを実践する機会を持つことで学問をより深める効果が期待できます。また同紙編集部は、学生が企画制作に加わることによって、ダイレクトにF1層(20~30代女性)にアウトリーチすることができ、双方メリットのある連携となりました。同紙は、2020年のTOKYOオリンピック・パラリンピック競技大会に向けて、特にスポーツに興味のない女性をターゲットにスポーツライフスタイルを伝えることを主眼としています。

 本学の高瀬真理子教授および駒谷真美教授は、毎日広告社、ダイオープリンティング、A-SPORTS編集部と打ち合わせを行い、学生が誌面企画を行うことが決定。7月発行の今号は、短期大学部日本語コミュニケーション学科出版編集コースの学生7名の学生が制作に携わりました。学生は週1回のペースで編集部との打ち合わせを行いながら、企画からラフ案の作成、自ら取材を行い、約2カ月をかけて紙面を制作しました。

 参加した学生からは「実際に作る大変さを学ばせていただく良い機会でした」「自分たちが想定した形に紙面が仕上がっていく嬉しさは、その大変さを忘れさせるほどでした」「初めてする作業も多くてうまくいかず、たくさん考えて悩んで歩いて、クタクタになりましたが、みんなでカメラを持って渋谷を歩き、新しい発見があったことを『楽しい』と感じました」「記事で校正が入ったときは心が折れそうになりましたが、自分の実力を知るいい機会になりました!ありがとうございました」などの声が聞かれました。
同編集部からは「今回の取材や編集の体験を、これから実際に社会で働いていくことに役立ててもえらえたら幸いです」とコメントされました。

 なお、11月号の製作は人間社会学科の学生が担当します。同紙編集部の指導の下、以降は隔月で紙面制作を交互に行うこととなっています。引き続き、本学学生の感性溢れる紙面にご期待ください。

画像イメージ

画像イメージ打合せの様子

画像イメージ学生が実際に取材して制作した紙面

『A-SPORTS』
発行部数:50,000部
本学をはじめスポーツ用品店、湘南モノレール全駅など662店舗に設置/ 2018.6現在
隔月発行(9.11.1.3.5.7月)