画像イメージ

ここからページの本文です

アドミッションポリシー(短期大学部)

教育理念

品格高雅にして自立自営しうる女性の育成

 本学園の創立者下田歌子は、学園の創立に際し、知性と品性を備えた「品格高雅」の育成を教育理念の一つに掲げました。女性の地位が今日よりはるかに低い時代にあって、下田はそうした女性を育成することによって、女性の家庭内での地位と社会的な地位を高めようとしたのです。
 しかし、いまや時代は変わり、現代の女性は固定的な性別役割や慣習に囚われることなく、社会のあらゆる分野で活躍することが求められています。それでもなお、知性と品性を備えた品格高雅な女性の育成という本学園の基本理念は変わりません。女性が社会で活躍するためには、知識や技術だけでなく、品格が大切だと考えるからです。
 下田が掲げたもう一つの教育理念は、「自立自営」しうる実践力を持った女性の育成です。下田は女性が自立するためには、実践的な知識・技術の修得が不可欠だと考え、そうした教育理念を本学園の名称に込めました。そのため、本学園は建学以来、実践的な知識・技術の修得と、学問・科学を実社会で活用しうる実践力の育成を一貫して重視してきました。
 品格高雅にして自立自営しうる女性の育成—これこそ、女性の自立が困難な時代から、女性の社会的な活躍が求められる今日にいたるまで変わらない本学園の一貫した教育理念です。

入学者受入方針(アドミッションポリシー)

実践女子大学短期大学部は、教育理念及び卒業認定・学位授与の方針に定めるとおり、学修から得た知識・技能・態度を世界と地域に還元するべく、実践する意欲に満ちた人を積極的に受け入れます。
そのような意欲をもった入学者を選抜するために、各学部学科のアドミッション・ポリシーにおいて、修得している事が求められる能力や態度について公表し、それぞれに対応する多様な入学者選抜方法を実施します。

日本語コミュニケーション学科

1.大学教育を通じてどのような力を発展・向上させるのか

日本語コミュニケーション学科は、本学科の掲げるディプロマ・ポリシーに基づき、以下のような力を持った人材を育成します。
①日本語力やコミュニケーション力を身につけることによって、理解力と発信力を高め、社会人として必須の協働力や問題解決力を発展・向上させます。
②日本の文学や文化を深く広く理解することにより、自国の文学と文化を国内外問わず、積極的に発信する力を発展・向上させます。
③社会常識や社会及び会社の仕組みを学び、人と接する良識を修得するとともに、多様な価値観を持つ人とも協働し、持続的かつ適切・臨機応変に対処する問題解決力を発展・向上させます。
④多様な文化を理解し尊重する国際的な広い視野とセンスを身につけ、修得した自国の文学・文化を発信しようとする積極的な態度と、正しく伝達する語学力を発展・向上させます。
⑤自ら学ぶ楽しみを知り、絶えず自己を啓発し高める生き方を求め、修得した学識と技能を社会に還元し貢献する、そのような意欲と主体性を持った女性として成長する力を発展・向上させます。

2.入学者に求める意欲

日本語コミュニケーション学科のカリキュラムを十分に理解し、意欲的に学ぶ能力を持つとともに、以下に掲げる要件に一つ以上当てはまる人。
①身の回りにあふれる情報と、社会の必須アイテムとなった情報機器を使いこなしたいと思っている学生を求めます。
②ことばについての知識と理解を深め、豊かなコミュニケーション力を身につけたいと思っている学生を求めます。
③本や雑誌に興味があり、出版するための企画編集能力を身につけたいと思っている学生を求めます。
④文章を書くことが好きで、創作力と文章作成能力を高めたいと思っている学生を求めます。
⑤社会で通用する日本語力やビジネスキルを学んで、汎用的能力と協働力を伸ばしたいと思っている学生を求めます。
⑥多様な異文化を学ぶことに興味があり、国際的な広い視野を身につけて社会で活躍したいと願っている学生を求めます。
⑦図書館司書の資格や、日本語コミュニケーション学科で取得可能な資格を取りたいと思っている学生を求めます。
⑧資格を取得し、教養を豊かに高めてから、四年制大学へ編入することを願っている学生を求めます。

3.入学者に求める態度や能力

①学科の教育内容をしっかりと理解し、意欲的に学ぼうとする態度と能力を身につけていることが必要です。
②新聞をよく読み、社会の仕組みや社会の動向を知ろうとする態度と能力が必要です。
③国語力とコミュニケーション力を、さらに高めようとする態度が必要です。
④文学作品に親しむとともに、日本の文化やことばについて深く理解しようとする態度と能力が必要です。
⑤漢字能力検定準2級以上、あるいはTOEIC450点以上、もしくは実用英語技能検定準2級以上などの資格を有していれば高く評価します。

4.高等学校段階までに培ってきた能力の評価法

日本語コミュニケーション学科は、受験生がこれまで培ってきた能力を多面的に評価する為に、多様な評価法による入試制度を実施しています。
①一般入学試験では、高等学校で学ぶ現代国語を範囲とし、読解力、国語的知識、言語運用能力を問う学力試験を行います。
②高等学校等の学校長の推薦による指定校推薦では、推薦されるにふさわしい学力と態度が求められるとともに、意欲やコミュニケーション力を測る面接を行います。
③その他の推薦系の入学試験では、高校での成績の他、意欲とコミュニケーション力を測る面接を行います。部活動や読書に対する意欲にも注目します。
④グローバル入試では、既に取得した外部資格を中心に評価します。
⑤コンピテンシー入試では、論理的な思考能力と言語伝達能力を評価します。
⑥AO入試では、自らが培ってきた多彩な能力を、説得力を持って語れる強い意欲とコミュニケーション力を評価します。

英語コミュニケーション学科

1.期待する学生像

英語コミュニケーション学科では、相互に意思の疎通を図ることができ、何事にも意欲的に取り組む人材を求めています。特に、どのような分野や資格に取り組むべきであるか、独自の考えや目標を持ち、それを他人に説明することのできる者を歓迎します。具体的には、以下に示す能力や知識を身につけたいと望んでいる者を対象とします。

2.入学者に求める態度・能力

言語運用能力
日本語はもちろんのこと、英語によるコミュニケーションを図ることのできる学生を求めます。

問題処理能力
日本語あるいは英語による情報を収集し、必要な情報を取捨選択し、最終的な意思決定を図るなど、問題処理能力のある学生を求めます。

自立性
社会における自分の存在や位置を理解し、その上で社会の一員として自立した対応ができる学生を求めます。

地域性と国際性の共存
世界において一つの地域である日本の価値観と、世界、特に英語圏の価値観との双方に目を向けることができる学生を求めます。

3.入学者に求める能力・資質

教育課程(カリキュラム)の理解
英語コミュニケーション学科が、英語という言語に関する授業科目と、英語圏における社会的な背景や文化に関する授業科目が多く設置されている学科であることを理解している必要があります。

言語に対する意識
日本語の他に英語で人との交信を試みる意思を持ち、その能力をさらに磨き高めていこうとする姿勢を持っている必要があります。

社会との関わり
高等教育が社会をリードする立場に就く人々の養成に携わっていることを踏まえ、日本を含む世界の動向に目を向ける必要があります。

付随的な事項
実用英語技能検定(英検)で準1級に合格する能力を有している場合、あるいはTOEICで750点以上を獲得する能力を有している場合、入学についてそれらの能力を高く評価します。

4.中等教育までに培ってきた能力の評価

一般入学試験(筆記等)
一般入学試験では、高等学校等で学ぶことになっている基礎的な知識、特に外国語(英語)を中心に、英語の語彙や文法に関する知識あるいは英語の文章読解力など英語運用能力を問う学力試験を行います。

推薦入学試験(面接・小論文等)
推薦入学試験では、以下に示す形態があり、いずれかの試験によって本学での学業に合致した資質を有しているか確認します。
①指定校推薦入学試験
本学科が指定した高等学校等の学校長の推薦による指定校推薦入学試験では、推薦されるに相応しい学力と態度が求められるとともに、本学での学修意欲やコミュニケーション能力を測る面接を行います。
②その他の推薦入学試験
上記以外の推薦入学試験では、応募書類提出までに記載が間に合う高等学校の成績の他に、本学での学修意欲やコミュニケーション能力を測る面接を行います。また、部活動などの課外活動に対する意欲にも注目します。その中でも、グローバル入学試験では応募時までに取得した学外の団体が主催する検定試験や資格試験の結果を中心に評価します。また、コンピテンシー入学試験では、論理的な思考能力と言語伝達能力を評価します。さらに、アドミッションオフィス入学試験(AO入試)では、応募者がこれまで培ってきた能力の長所や効果について説得力を持って説明できる自立性のある姿勢を評価します。

  • キャンパスガイドブック2018
  • 画像イメージ
  • 平成30年度入試 大学・短期大学部・大学院の合否案内サービスについて
  • LINE友だち追加