画像イメージ

ここからページの本文です

アドミッションポリシー(大学)

教育理念

品格高雅にして自立自営しうる女性の育成

 本学園の創立者下田歌子は、学園の創立に際し、知性と品性を備えた「品格高雅」な賢母良妻の育成を教育理念の一つに掲げました。女性の地位が今日よりはるかに低い時代にあって、下田はそうした女性を育成することによって、女性の家庭内での地位と社会的な地位を高めようとしたのです。
 しかし、いまや時代は変わり、現代の女性は固定的な性別役割や慣習に囚われることなく、社会のあらゆる分野で活躍することが求められています。それでもなお、知性と品性を備えた品格高雅な女性の育成という本学園の基本理念は変わりません。女性が社会で活躍するためには、知識や技術だけでなく、品格が大切だと考えるからです。
 下田が掲げたもう一つの教育理念は、「自立自営」しうる実践力を持った女性の育成です。下田は女性が自立するためには、実践的な知識・技術の修得が不可欠だと考え、そうした教育理念を本学園の名称に込めました。そのため、本学園は建学以来、実践的な知識・ 技術の修得と、学問・科学を実社会で活用しうる実践力の育成を一貫して重視してきました。
 品格高雅にして自立自営しうる女性の育成—これこそ、女性の自立が困難な時代から、女性の社会的な活躍が求められる今日にいたるまで変わらない本学園の一貫した教育理念です。

入学者受入れの方針(アドミッションポリシー)

実践女子大学は、教育理念及び卒業認定・学位授与の方針に定めるとおり、学修から得た知識・技能・態度を世界と地域に還元するべく、実践する意欲に満ちた人を積極的に受け入れます。
そのような意欲をもった入学者を選抜するために、各学部学科のアドミッション・ポリシーにおいて、修得している事が求められる能力や態度について公表し、それぞれに対応する多様な入学者選抜方法を実施します。

文学部

文学部では、日本文学、日本語学、漢文学、日本語教育、イギリス文学・文化、アメリカ文学・文化、英語学、日本美術史、東洋美術史、西洋美術史、美学、博物館学、美術科教育などの分野において、現代を生きる個人として、社会や諸環境との望ましいあり方を求めて、責任ある自立した生活者となれるよう、思索と技術の両面から学び、現代社会のさまざまな問題を客観的にみつめ、取り組んで行ける勇気と技術を身につけて貰いたいと考えています。
グローバル化する現代社会では、「世界共通語としての英語基礎力」を身につけ、専攻する学科を問わず、世界に羽ばたいて、各学科で身につけた専門的教養を、世界に向けて発信できるようになりたいと願う意欲が重要です。したがって高等学校で十分な基礎学力を身につけていることに加え、積極的にコミュニケーション能力を高め、多文化へのとらわれのない関心を抱くことができる人材を求めます。

国文学科

国文学科では、実践女子大学及び文学部のアドミッション・ポリシーに基づき、以下のとおりアドミッション・ポリシーを定めています。

【一般入試】
上記の目標に堪える高等学校卒業程度の学力を有する学生を選抜するため、所定の学力試験を課して受け入れます。
【指定校推薦入試】
上記の目標に堪えると高等学校校長が認定した学生の入学を受け入れます。
【公募推薦入試】
上記の目標に堪える学生を、小論文、面談、自己推薦文等の結果により受け入れます。
【AO入試】
上記以外の学生で、国文学科のディプロマ・ポリシーと合致する学生の入学を受け入れます。具体的には授業への適応能力、語学学習能力を重視します。

英文学科

英文学科は、カリキュラム・ポリシーに基づき、多様な文化を深く学び、言語運用能力、論理的思考力、表現力を高める意欲を持ち、主体的に学業に取り組む、以下に挙げる人材を入学者として求めます。
①英語をはじめとして大学で学ぶために必要とされる分野で基礎的な学力を身につけている人。
②高度な英語運用能力を養成したい人。
③イギリスとアメリカを中心とする英語圏文学・文化及び英語学について学ぶ意欲のある人。
④研究課題に主体的に取り組むことにより、論理的思考を身につけることを目指す人。
⑤得られた知識・技能を活用し、他者と協力関係を築きながら、研究の成果を積極的に発信しようとする人。

美学美術史学科

美学美術史学科は、高等学校で履修する国語、地理歴史の基礎学力を持った上で、以下のような興味や意欲をもつ人を求めます。そのような意欲をもった入学生を選抜するために、多様な入学選抜方式を実施しています。
①美術に強い関心を持つ人。
②美術や芸術について深く知ることを通じて、それらが生み出された社会や文化、思想、歴史的背景などについて幅広い知識を身につけたい人。
③自分から進んで美術館、博物館、文化遺産などを訪れる人。
④本を読んで知識を深める意欲を持つ人。
⑤作品制作やデザインに興味がある人。

人間社会学部

人間社会学部は、「人を知り、社会を知り、ビジネスを学ぶ」をモットーに、グローバリゼーションや情報化が進展し、多様化・複雑化・成熟化する21世紀において活躍できる女性の育成をめざしています。
そのために以下の人材を求めます。
①英語、国語、地理歴史、公民、数学、情報などの基礎的な学力を身につけた人。
②現代の日本社会と国際社会、人間や文化の動向に強い関心を持っている人。
③自分の考えをしっかりと持ち、他の人と協働しながら、積極的にリーダーシップを発揮できる人。

生活科学部

生活科学部では、食物、栄養、健康、衣服、プロダクト、住まい、ライフスタイル、心理、幼児・保育、地域づくり、地球環境、情報、メディアなどの分野において、生活者としての視点から、人間生活を理論と技術の両面から学び、現代社会のさまざまな問題を科学的にみつめ、解決できる力と技術、コミュニケーション能力を講義、実験、実習、演習を通し身につけます。したがって高等学校で十分な基礎学力を身につけていることに加え、自然科学への興味を持ち人々の生活を広く追及し、生活の向上と福祉に貢献する意欲的で向上心のある人材を求めます。

食生活科学科

1.食生活科学科が求める人材
食生活科学科では、食と健康に関する学修によって修得した知識や能力を社会で役立てられる人材の育成を目的にしています。食と栄養・健康に関する知識、技術、能力や食文化に対する知識を身につけて、食の専門家として社会や世界で活躍したいと思っている人材を求めます。

【食生活科学科 管理栄養士専攻】
 管理栄養士として高度な専門的知識と技術に基づいて、個人や傷病者、特定多数の人を対象に、健康の維持増進と疾病の予防と快復のための栄養指導や食事の提供、及び望ましい食習慣や食生活を身につけることを支援する栄養教育と健康に役立つ食行動を進める社会的な食環境を整備する栄養行政などの業務に携わる人材の育成を目的としています。
 ヒトの体の仕組み、食物の消化吸収の仕組み、栄養素の機能に興味があり、各種食品の特性を理解して、管理栄養士として栄養指導や食事の提供に携わる仕事に就きたいと思っている学生を求めます。栄養指導や食事提供の業務現場において、管理栄養士には主体性、リーダーシップ、洞察力、企画立案力が必要です。そのために必要な基礎学力・学修習慣と管理栄養士という職種への理解をもち、管理栄養士をめざして地道な努力を続けられる人材を求めます。

【食生活科学科 食物科学専攻】
 食の専門家として、食の生産から消費に関わる知識や技能、伝統に関わる文化について総合的に理解し、食生活をプロデュースして社会に貢献できる人材の育成を目的としています。卒業後は、食産業界への就職や中学高校の家庭科教諭をめざします。
 食に対する好奇心があり、日常の食生活、調理、食べることに興味をもっている学生を求めます。農畜水産物や加工食品の生産から食品が消費者の口に入るまでのフードチェーンと日本と世界の食文化を理解して、食産業界で働きたいと思っている学生や食のコーディネートをしたいと思っている学生を歓迎します。そのためには幅広い食分野の知識と技術を理解することが必要なので、食品特性、食品製造、調理、食産業マーケティング、食文化、食環境などを幅広く学修します。さらには、自ら課題を見いだして解決できる能力を養うことを目的に、卒業論文を必修科目にしています。食に興味を持ち、意欲的に学修できる人材を求めます。

【食生活科学科 健康栄養専攻】
 栄養士として、事業所、学校、福祉施設、病院などで、フードサービスの提供を行うとともに、健康の維持増進のための栄養指導、食育あるいは運動の指導などの業務に携わる人材の育成を目的にしています。
 食物の消化吸収の仕組み、栄養素の機能、調理に興味があり、栄養士として栄養指導や食事の提供に携わる仕事に就きたいと思っている学生を求めます。また、健康とスポーツ栄養の関連に興味を持っている学生を求めます。栄養指導や食事提供の場において、栄養士は食と健康を支える専門家です。各種食品の特性を理解して、食習慣、食環境も踏まえて栄養指導や食事の提供を行うことが必要です。そのために必要な栄養士としての職業意識を修得し、栄養学、調理学、食品学、食育指導などの専門科目を意欲的に学修できる人材を求めます。

2.入学時に求められる学力・態度・汎用能力
 食生活科学科で履修するためには、以下の基礎学力を有していることが必要です。
  ①授業を理解できる能力、他者の話の理解力及び文章の読解力
  ②他者の話や自分の考えを文章にまとめる能力
  ③コミュニケーション能力
  ④食・栄養・健康に対する関心と問題意識
  ⑤基本的レベルの数学能力
 また、高等学校で履修しておくことが望まれる科目としては、食と栄養・健康に関する学修のために、生物基礎と化学基礎です。さらに、食の専門家として社会や世界で活躍するために、家庭科及び英語の基礎学力が必要です。

3.入学試験の選考方針
(1)AO入試では、以下の人材を求めています。
①食物科学専攻
・食品の生産・製造、食品流通、食品販売、外食産業など食産業界への就職をめざす人
・食の専門家として、食の情報発信や食生活のプロデュースをしたいと思っている人
・中学校、高等学校の家庭科教諭をめざす人
②健康栄養専攻
・栄養士をめざす人
・健康維持・増進のための栄養あるいは食育指導をめざす人
・健康のためのスポーツ栄養指導をめざす人

(2)AO入試及び公募推薦入試では、以下の評価項目に基づき選考します。
①調査書・・・・基礎学力と高校生活状況
②エントリーシート、自己推薦文・・・・志望動機、志望する専攻の特徴を理解しているか、大学で学びたいことが明確になっているか、卒業後の進路希望や将来像をもっているか、大学で学びたいことと卒業後の進路希望が志望する専攻の特徴に合致しているか、自己PR能力
③課題、小論文・・・・読解力、表現力、コミュニケーション能力、問題解決能力 
④面接・・・・②の事項及び食・栄養・健康に関する一般知識

生活環境学科

生活環境学科はアパレル・ファッション、プロダクト・インテリア、住環境デザインなどの身近な生活環境に興味を持ち、ディプロマ・ポリシーに定めたとおり、学修から得た知識、技能、考え方、態度を活かして社会に貢献したいという意欲に満ちた人を積極的に受け入れます。高等学校の基礎的な学力を十分身につけ、生活環境に関する諸問題の解決に積極的に取り組む意欲のある人材を求めます。
そのような意欲を持った入学者を選抜するために多様な入学選抜方式を実施しています。
次のような学生を広く求めます
①理解力、文章作成力、計算力、コミュニケーション力がある人。
②アパレル・ファッション、プロダクト・インテリア、住環境デザインなどの身近な生活環境に関心を持っている人。
③美しいものが好きで、独創的なものを自分の手で生み出したいと思っている人。
④好奇心が旺盛で、自ら積極的に行動できる人。
⑤作品制作やデザインに興味がある人。
⑥数学、物理、化学など自然系科目が好きで、実験が好きな人。
⑦一芸に秀でている人。

生活文化学科

【生活文化学科 生活心理専攻】
入学者に求めるもの
 生活心理専攻は、人の生涯発達の理解を基に、家族、社会、健康に関する学びを通して、生活課題を捉え、心理学的視点から分析し、解決する力を身につけ、社会で活躍できる人材の育成を目的としています。人の生活や心理に関心を持ち、自分や他者の生活の質の向上や社会に貢献したいと考える、意欲ある人材を求めます。
特に、次のような学生(生徒)の入学を期待します。
・人に興味がある。
・生活に関する心理学に興味がある。
・身近な生活課題について深く学んでみたい。
・探求心や向上心を持って様々なことに挑戦したい。
・多様な価値観を受け入れ、課題解決に向けて他者と協力できる。
・生活課題を解決する心理学の専門性を身につけ、社会で活躍したい。

入試について
 入試においては、受験生の能力、意欲、興味・関心等を多面的に評価するようにしています。
①AO入試では、知識だけではなく、読解力、作文能力、表現力を試験すると共に、面接を重視し、自分の考えを自身の言葉で述べる力を評価し、適性(入学者に求めるもの)を見ます。また、高等学校での成績と共に特技や秀でた活動等も考慮します。
②推薦系の入試では、知識だけではなく、読解力、作文能力、表現力を試験すると共に、面接を重視し、自分の考えを自身の言葉で述べる力を評価し、適性(入学者に求めるもの)を見ます。また、高等学校での成績等も考慮します。
③一般入試では、学力試験を行いますが、高等学校での成績も考慮します。

【生活文化学科 幼児保育専攻】
入学者に求めるもの
 幼児保育専攻は、人間性豊かで信頼できる、質の高い保育士、幼稚園教諭、小学校教諭の養成を目的としています。子どもと子どもを取り巻く環境に関心を持ち、保育士、幼稚園教諭、小学校教諭の資格・免許を取得して、将来、保育園、幼稚園、小学校等で働くことを希望している、意欲ある人材を求めます。
 特に、将来子どもと共に在る者として、次のような学生(生徒)の入学を期待します。
・子どもや保育・教育に興味がある。
・心身ともに健康である。
・誠実で素直な心を持っている。
・地道な努力を惜しまず、様々なことに積極的に取り組める。
・多様な価値観を受け入れ、他者と協力できる。
・学ぶ意欲があり、学び続けることができる。

入試について
 入試においては、受験生の能力、意欲、保育者や教育者としての適性等を多面的に評価するようにしています。
①AO入試では、知識だけではなく、読解力、作文能力、表現力を試験すると共に、面接を重視し、自分の考えを自身の言葉で述べる力を評価し、保育・教育者としての適性(入学者に求めるもの)を見ます。また、高等学校での成績と共に特技や秀でた活動等も考慮します。
②推薦系の入試では、知識だけではなく、読解力、作文能力、表現力を試験すると共に、面接を重視し、自分の考えを自身の言葉で述べる力を評価し、保育・教育者としての適性(入学者に求めるもの)を見ます。また、高等学校での成績等も考慮します。
③一般入試では、学力試験を行いますが、高等学校での成績も考慮します。

現代生活学科

 現代生活学科は、社会的要請が高く、今後、様々な職業の素養として求められる地球環境問題、情報化社会、地域再生とコミュニティ、女性の自立などの課題を切り口として、人と暮らしに関心を持ち、変化激しい社会に柔軟に対応する知識・技術を身につけて、企業や行政、教育現場などで活躍したいと考える人を求めます。現代社会に必須の環境・メディア技術を理解して活用し、未来のあるべき社会を構想し、学修から得た様々な知識・技能・態度を総合的に活かし、世界や地域に還元するべく、実践する意欲と行動力、知的好奇心に満ちた人を積極的に受け入れます。
そのような意欲をもった入学者を選抜するために、本学科では一般入試においては総合的な学力に基づく選抜を基本とするほか、AO入試等では、特定領域における能力や個性、意欲、及び高等学校時代までの実績や経験を重視した選抜を実施します。

入学前に学修しておくことが望まれる教科・科目(いずれかの教科・科目を得意とすることが望ましい)
①エネルギー・環境問題を理解する基礎としての理科的素養:「生物」「化学」
②人間と社会に対する基本的興味を培う社会科科目:「日本史」「世界史」「現代社会」「倫理」「政治経済」
③情報化社会に対応する基本的技術の基礎:「数学」「情報」
④人文・社会科学を学ぶ基盤となる思考力、読解力、言語運用能力の基礎:「国語」「外国語」

汎用的能力として望まれる力
①部活動や生徒会活動などを通じて、協働する力、課題解決に向けて行動する力を身につけていること
②地域ボランティア活動などに主体的に取り組み、多様性を受け入れる寛容さを持ち、地域社会の諸問題を解決する方法を学びたいという探究心を持っていること
③テーマを定めて、自分で調べて議論し、まとめて発表する経験をしていること
④様々な資格検定に対して、自己が定めた目標に向けて努力し、それを達成する経験を積んでいること

  • キャンパスガイドブック2018
  • 画像イメージ
  • 平成30年度入試 大学・短期大学部・大学院の合否案内サービスについて
  • LINE友だち追加