ここからサイトの主なメニューです

画像イメージ

ここからページの本文です

男女共同参画推進室

—学長 ご挨拶— 実践女子大学・短期大学部における男女共同参画について

画像イメージ実践女子大学・実践女子大学短期大学部
田島 眞

 学校法人実践女子学園では、2014年7月に総務部に男女共同参画推進準備室を設け、広井人間社会学部長が担当理事・室長として任命されました。その後、同年11月に正式に推進室が発足しました。
 これを受けて、教学部門である大学・短期大学部では、教学では何をすべきかを宣言することにいたしました。その宣言にあるように、男女共同参画実現のための教育・研究を推進すること、また、自らの行動として、ワーク・ライフ・バランスの推進、学内規律の遵守等を進めます。
 我が国の現状を見ると、男女共同参画は諸外国に比べて大きく劣っていることは明白です。本学園の学祖下田先生は、明治の時代から男女共同参画を目指していました。その名に恥じないよう実践女子大学・短期大学部は、我が国における男女共同参画をリードすることに邁進いたしますので、各方面からのご支援・ご鞭撻をいただくようお願いします。

—男女共同参画推進室長 ご挨拶— 男女共同参画をリードする大学へ

画像イメージ男女共同参画推進室
室長 広井 多鶴子

 実践女子大学は、創立以来、一貫して「自立自営」できる女性を育成することによって、女性の社会的な地位の向上と社会進出に尽力してきました。こうした本学の歴史と女子大学としての社会的な責任を考えたとき、男女共同参画社会の実現にこれまで以上に力をつくし、その先導的な役割を果たすことが、本学の社会的なミッションと言えます。
 こうしたミッションを果すために、2015年3月、「男女共同参画宣言」を決定しました。この宣言は次の5つを柱にしています。今後この「宣言」の精神を具体化し、さまざまな取り組みを進めて行きたいと考えています。

「実践女子学園男女共同参画推進宣言」の5つの柱
1.男女共同参画の理念に基づいて教育を行います

2.女性の社会進出と男女共同参画を促進するための研究を進めます

3.男女が平等に意思決定に参加する大学をつくります

4.ワーク・ライフ・バランスを実現する職場づくりを進めます

5.ハラスメントのない大学をつくります

男女共同参画推進宣言

男女共同参画推進宣言

実践女子学園は、男女共同参画社会実現のための先導的な役割を果たすため「男女共同参画推進宣言」を制定しました。

教職員データ

教職員データ

本学教職員の男女別構成比に関するデータを掲載しています。

男女共同参画に関する授業

男女共同参画に関する授業

男女共同参画に関連する授業を紹介します。

教職員インタビュー

教職員インタビュー

本学で働く職員に仕事と家庭の両立などについて、インタビューしました。

男女共同参画推進室の活動報告

男女共同参画推進室の活動報告

男女共同参画推進室の活動報告です。

一般事業主行動計画(次世代育成支援対策推進法)

一般事業主行動計画(次世代育成支援対策推進法)

次世代育成支援対策推進に関する「一般事業主行動計画」を作成しました。

このページの上へ

ここからサイトの主なメニューです