ここからページの本文です

日本語コミュニケーション学科 学科講演会「西洋絵画の怖さを探る」(12/5)

2013年11月18日

日本語コミュニケーション学科 学科講演会
「西洋絵画の怖さを探る」
日時:2013年12月5日(木)2限(10:45~12:15)
場所:実践女子短期大学 本館401教室
講師:中野 京子氏(早稲田大学講師)

*講師プロフィール
北海道生まれ。専門はドイツ文学・西洋文化史。著書に『名画の謎』シリーズ(文藝春秋)『怖い絵』シリーズ(角川文庫)『「怖い絵」で人間を読む』(NHK生活人新書)、『はじめてのルーヴル』(集英社)『名画で読み解く ハプスブルク家12の物語』『名画で読み解く ブルボン王朝12の物語』(光文社新書)、『名画で読む イエス・キリストの物語』(大和書房)『危険な世界史』(角川書店)など、訳書にツヴァイク『マリー・アントワネット上・下』(角川文庫)などがある。著書ブログは「花つむひとの部屋」。

*当日の内容
絵を鑑賞しつつ、描かれた時代特有の風俗や意味を探っていきます。その美を感得するとともに、表層の背後に秘められた幾重もの怖い含意を読み解くことになるでしょう。

【一般公開】【入場無料】【事前申し込み不要】
*どなたでも自由に受講できます

<問合わせ先>
〒191-0016 東京都日野市神明1-13-1
実践女子短期大学日本語コミュニケーション学科研究室
TEL: 042-584-5183 FAX: 042-585-5190
E-MAIL: nihongo-commu@jissen.ac.jp