ここからページの本文です

日本語コミュニケーション学科 学科講演会「余白を読む」(12/11)

2014年11月25日

この度、日本語コミュニケーション学科では、俳人の黛まどか氏をお招きし、講演会を開催いたします。

【日時】2014年12月11日(木)2限(10:45~12:15)
【場所】実践女子大学短期大学部 渋谷キャンパス 403教室
【内容】『余白を読む』
    17音詩型に世界を如何に詠み込むか
    — 俳人は季語を創り出し余白に宿る美を見出した。
【講師】黛 まどか氏(俳人 京都橘大学客員教授)

*講師プロフィール

俳人。神奈川県生まれ。
1994年、「B面の夏」50句で第40回角川俳句賞奨励賞受賞。
2002年、『京都の恋』で第2回山本健吉文学賞受賞。
2010年4月~2011年3月、文化庁「文化交流使」としてパリを拠点に欧州で活動。
オペラ「万葉集(明日香風編・二上挽歌編)」「滝の白糸」の台本執筆(いずれも千住明作曲)、校歌の作詞など、俳句に限らず幅広い分野で活躍。
現在、「日本再発見塾」呼びかけ人代表、株式会社ワコールホールディングス顧問、京都橘大学客員教授。
近著にエッセイ集『うた、ひとひら』、随筆『引き算の美学』、句集『てっぺんの星』。

【一般公開 ※要予約】【入場無料】
※予約をしていただければ、どなたでも自由に受講できます。
 予約は、12月4日(木)17:00までとなっております。
 席に限りがございますので、お早めにお申込下さい。
 予約は、下記お問い合わせ先にて受け付けております。

*お問合わせ先
 〒150-8538 東京都渋谷区東1-1-49
 実践女子大学短期大学部日本語コミュニケーション学科研究室
 TEL: 03-6450-6945 FAX: 03-6450-6946
 E-MAIL: nihongo-commu@jissen.ac.jp