ここからページの本文です

アート・コミュニケーション研究所 ワークショップ開催のお知らせ(12/13、14)

2014年12月11日

画像イメージ詳細ちらしPDFファイル(PDF 770KB)

実践女子学園アートコミュニケーション研究所(プロジェクト研究所)では以下の日程でワークショップを開催します。
「シブヤのスキマを見つけよう −あなただけの渋谷を発見−」は、芸術を通じたコミュニケーション教育の可能性を研究することを目的としたワークショップです。写真という表現活動を介して、渋谷のまちの文化や歴史を探索します。いままで気が付かなかった大都市の隠された魅力をパーソナルな視点から読み解いていきます。

「シブヤのスキマを見つけよう −あなただけの渋谷を発見−」

【日時】2014年12月13日(土)・14日(日) 13:00〜17:00 (12:45 受付開始)
【場所】実践女子大学渋谷キャンパス 創立120周年記念館 1階 プレゼンテーションルーム
【講師】宮腰まみこ氏(フォトグラファー)

講師プロフィール
長野県出身。大学卒業後、デザイン会社で写真雑誌を手がけたことがきっかけで写真家の道へ。松涛スタジオ勤務、カメラマンアシスタントを経て独立。映画スチール、写真集、雑誌、広告で活動。
RICOH×PHOTOGRAPHERS SUMMIT「恋する GR」 フォトコンペグランプリ受賞。現在「東京画プロジェクト (http://www.tokyo-ga.org)」参加中。

【概要】イントロ+フィールドワーク + 発表 + ふりかえり
宮腰さんから写真のショートレクチャーを受けたのち、グループに分かれて渋谷のまちに出かけます。渋谷の風景をパーソナルな視点で撮影して会場にもどります。自分たちが出会い、そこで見つけた渋谷のまちについて発表するワークショップをおこない終了します。

【定員】 30名程度 

【申込み方法】参加希望者は「ワークショップ参加希望」という件名で、お名前、ご住所、連絡先(携帯電話等)、参加希望日時を明記のうえ電子メールでお知らせください。 
 E-mailアドレス:kudoyasuyo@gmail.com 

【対象】どなたでもご参加いただけます。

【参加費とカメラについて】参加費は無料です。当日の撮影は、インスタントカメラ=チェキを貸与しておこないます。チェキをお持ちの方はご持参下さい。フィルムは当方が用意いたします。また、デジタルカメラやスマートフォン等の撮影機材をお持ちの方はご持参ください。

【主催】実践女子学園アート・コミュニケーション研究所
【共催】特定非営利活動法人アート&ソサイエティ研究センター

<お問い合わせ>
実践女子学園アート・コミュニケーション研究所
〒150-8538 東京都渋谷区東 1-1-49
実践女子大学文学部椎原伸博研究室内
 TEL 03-6450-6896