ここからページの本文です

香雪記念資料シンポジウム「女性と美術」を開催します(4/25)

2015年04月20日

実践女子学園創立120周年記念事業の一環として、以下のシンポジウムを開催いたします。

実践女子学園創立120周年記念シンポジウム「女性と美術」

■日時:2015年4月25日(土)14:00~(13:30受付開始)
■会場:実践女子大学渋谷キャンパス 120周年記念館 403教室
■プログラム:
14:00 趣旨説明 司会 仲町啓子(実践女子学園香雪記念資料館館長)
<第一部>女性画家研究における多様な視点
 14:10 「西洋の女性画家たちの環境」 馬渕明子(国立西洋美術館館長)
 14:40 「中国伝統会社の女性画家たち」 宮崎法子(実践女子大学教授)
 15:10~15:25  休憩
<第二部>美術史学会東支部例会 日本における女性と美術
 15:25 「平安時代における女絵の領分‐「女絵」の語の使用状況に照らし合わせて‐」
      三戸信惠(山種美術館特別研究員)
 15:55 「近代における女子画家の自立について‐野口小蘋を中心に」
      山盛弥生(実践女子学園香雪記念資料館研究員)
 16:25~16:40 休憩
 16:40 質疑・討論

 
■聴講無料・事前申し込み不要
*ぜひご参加ください。

本催しは、4月18日から6月21日まで山種美術館との連携企画で行われる「実践女子学園120周年記念特別展 華麗なる江戸の女性画家たち」との関連事業です。

【主催】 実践女子学園香雪記念資料館
     美術史学会
【問合せ】実践女子学園香雪記念資料館
     TEL 03-6450-6805