ここからページの本文です

公開市民講座「日野の保育と教育」(9/26)

2015年08月28日

画像イメージ詳細ちらしPDFファイル(PDF 827KB)

地域の皆様と共に歩んできた実践女子大学生活科学部は、日野にキャンパスを開いてから今年でちょうど50年になります。今回は原点を見直すという意味も込めて、「暮らしをとらえなおす」を共通テーマとし、生活科学部の4つの学科がそれぞれの特徴に沿った内容の講座を開催します。

第1回目生活文化学科の「日野の保育と教育」を開催します。
スピードや効率のみを追求するのではなく、私たちの衣・食・住・育、そして地球環境や心の問題などについて市民の皆さんと「暮らし」についてじっくりと考えたいと思います。ぜひ足をお運びください。

【第1回】日野の保育と教育

≪内容≫
 生活文化学科は幼児保育と生活心理を学ぶ学科です。今回は「子どもにとっては、遊びこそ生活文化」と「発達障害児と地域で暮らす-生活の中の心理支援-」という題目で地域の方と共に語る会をします。

日時:9月26日(土)13:00~15:00 
場所:イオンモール多摩平の森 イオンホールB
    (日野市多摩平2-4-1 JR豊田駅北口 徒歩3分)
講師:  長崎 勤 教授
     井口眞美 准教授
参加費:無料
  ※定員80名(申し込み不要)

≪お問合わせ先≫

実践女子大学学務部 庶務課庶務担当 
TEL 042-585-8817