ここからページの本文です

2015年度公開市民講座 「みんな『論語』が好きだった」 (10/31、11/1)

2015年10月13日

画像イメージ詳細ちらしPDFファイル(PDF 890KB)

実践女子大学・実践女子大学短期大学部では10月31日(土)、11月1日(日)に大学文学部国文学科の公開講座を開催いたします。

みんな『論語』が好きだった

『論語』は応神天皇のとき日本に伝わったといわれています。日本人が初めて目にした書物が『論語』だったのです。以来われわれの祖先は『論語』を日本の古典として愛読し続けてきました。書き写されたり、出版されたりした『論語』のテキストは数限りなくあります。中国でも多くの注釈書が作られましたが、日本人もすぐれた解釈を生みました。近代になっても『論語』の魅力に心酔した文学者は少なくありません。本講座では、日本人がいかに『論語』を愛したかを、テーマごとにわかりやすくお話しします。
また特別講演として、「宥(ゆう)坐(ざ)の器」復元の苦労話をしていただきます。

【日時】10月31日(土)、11月1日(日) 両日とも 13:00~16:30
【会場】実践女子大学 渋谷キャンパス(東京都渋谷区東1-1-49)5階 501教室
【講師】実践女子大学 文学部国文学科 教授 影山輝國
    慶応大学付属研究所 斯道文庫 教授 高橋智氏
    二松学舎大学         教授 瀧田浩氏
    現代の名工             針生清司氏

 ※入場無料・申込み不要

<特別展示>
【会期】10月25日(日)~11月1日(日) (香雪記念資料館にて)
【展示時間】11:00~17:00 
【会場】渋谷キャンパス1F香雪記念資料館(企画展示室2)

≪お問合わせ先≫

実践女子大学学務部 庶務課庶務担当 
TEL 03-6450-6817