ここからページの本文です

実践英文学会講演会「小説と想像力」(12/2)

2015年11月26日

画像イメージ詳細ちらしPDFファイル(PDF 442KB)

実践英文学会講演会を下記のとおり開催いたします。参加費無料で、一般の方も自由にご参加いただけますので、ご興味のある方はぜひお越しください。

実践英文学会講演会
「小説と想像力」

【日時】
12月2日(水)14時45分から16時15分まで(※受付は14時15分より)

【場所】
実践女子大学 渋谷キャンパス 創立120周年記念館4階 403教室

【講師】
レアード・ハント氏
アメリカの作家。訳書に『インディアナ、インディアナ』(柴田元幸訳、朝日新聞出版)、『優しい鬼』(同、2015年10月刊行)。他の著書としてThe Exquisite, Ray of the Star, Neverhomeなど。デンヴァー大学英文科教授。

古川日出男氏
日本の作家。主な著書に『南無ロックンロール二十一部経』(河出書房新社)、『女たち三百人の裏切りの書』(新潮社)、『ベルカ、吠えないのか』(文春文庫、英訳Belka, Why Don’t You Bark? Michael Emmerich訳)など。「ただようまなびや」学校長。

柴田元幸氏
日本の翻訳家。レアード・ハント作品以外の主な訳書にスティーヴン・ミルハウザー『ある夢想者の肖像』(白水社)、ポール・オースター『幻影の書』(新潮文庫)など。東京大学文学部特任教授。

【概要】
南北戦争前のアメリカから近未来的な名も知れぬ都市まで、平安時代の日本から20世紀の宇宙空間まで……縦横無尽に時空を想像し創造する日米の作家が存分に語りあい、翻訳者も加わります。

実践英文学会 主催
渋谷区教育委員会後援

<問い合わせ先>
実践女子大学文学部 英文学科
TEL : 03-6450-6877