ここからページの本文です

生活科学部公開市民講座第4回「暮らしを楽しむ・暮らしを考える(全4回)」を開催します(11/18)

2016年10月25日

画像イメージ詳細ちらしPDFファイル(PDF 524KB)

実践女子大学生活科学部は日野にキャンパスを移し地域の皆様と共に歩んできましたが、すでに50年を過ぎました。
今年度は「暮らしを楽しむ・暮らしを考える」というテーマで、4つの学科がそれぞれの学科の特色を活かして、「暮らし」にベースをおいた講座を実施いたします。

11月18日(金)は、生活文化学科「社会の中で大人は支えあえるのか」を開催します。
日本の社会では一人一人に成果を求める能力主義が広がりつつあります。また、女性の社会での活躍が望まれていますが、実力を発揮するための環境整備は十分ではありません。誰もが活躍できる日本独自の社会の在り方はどのようにあるべきでしょうか。将来の日本のあるべき社会の姿を、生活科学の視点から皆さんと共に考えます。

是非足をお運びください。

第4回 社会の中で大人は支えあえるのか

【日時】2016年11月18日(金)11:00~14:30
【場所】実践女子大学 日野キャンパス(日野市大坂上4-1-1)
    第3館2階 321教室
【講師】高橋 桂子 教授  「女性の社会参加」
    塚原 拓馬 准教授 「身近な人の心の病の付き合い方」
【タイムテーブル】
 11:00~11:45 ランチ
 11:45~12:30 キャンパスツアー
 12:30~12:50 休憩
 13:00~14:30 講演

※入場無料ですが、食堂でのランチ代500円程度の実費が必要です。
※申込み要。(先着50名)
氏名、性別、年齢、申し込み受付可否の連絡先(メールアドレスまたはファックス番号)を明記しメールまたはFAXで申込み

≪問合せ・申し込み先≫

実践女子大学 生活文化学科研究室
 E-mail seibun@jissen.ac.jp
 FAX   042-585-8919