ここからページの本文です

国際シンポジウム「絵入り本と日本文化」(絵入本ワークショップⅨ)(12/10,11)

2016年11月28日

 実践女子大学文芸資料研究所では、絵巻や挿絵本など、国内外の古典籍における絵入本について研究することを目的に、毎年「絵入本ワークショップ」を開催しています。
 今年は、公益財団法人東洋文庫が主催、本学文芸資料研究所ならびに国文学研究資料館、絵入本学会、社団法人美術フォーラム21が共催する形で下記のとおり実施いたします。
 国内外から著名な研究者をお招きし、絵の具の染料分析・出版された絵入り本の和紙分析・図案や画題の変遷や特色、日蘭仏書物交流等に関する12本の研究発表を行います。

画像イメージ詳細ちらしPDFファイル(PDF 1.11MB)

国際シンポジウム
「絵入り本と日本文化」(絵入本ワークショップⅨ)

【一般公開 ※要予約※】

日時:平成28年12月10日(土)、11日(日)
   10:30~17:30(10:00受付開始)
場所:東洋文庫2F講演室

主催:東洋文庫
共催:国文学研究資料館
   絵入本学会
   社団法人美術フォーラム21
   実践女子大学文芸資料研究所
助成:ポーラ美術振興財団

参加方法:①参加者氏名②ご住所③お電話番号④メールアドレスをご記入の上、下記お問合せ先までお電話、もしくはメールでお申し込みください。(お申し込みをキャンセルされる場合は、必ずご一報ください。)
参加費:無料(別途ミュージアム入館料がかかります。)

参加申し込み・問い合わせ先:
公益財団法人東洋文庫
干113-0021 東京都文京区本駒込2-28-21
(TEL) 03-3942-0280
(E-mail) museum@toyo-bunko.or.jp
(URL) http://www.toyo-bunko.or.jp/museum/