ここからページの本文です

現代生活学科 公開講座「今、若者は“地域”に何を感じるのか -多世代をつなぐこれからの地域づくりのために-」を開催いたします(11/24)

2018年10月16日

 自治会の加入者の減少、少子高齢化、人口減少、また、働き方やライフスタイルが多様化する中、子どもからお年寄りまで、地域の人々がつながり、助け合えるまちづくりは重要な社会課題です。

 今、若い学生たちの「地域」への思いが、多世代をつなぐ新しい場を生み出しています。その声に耳を傾け、暮らしの受け皿となる地域づくりを「自分事」としてみませんか。

 身近な暮らしに目を向け、自分たちの手で、豊かな地域社会を作り出す、活力ある地域の未来像を探ります。地域の暮らしを愛する、多くの方のご参加をお待ちしています!

【日 時】2018年11月24日(土)13:30~15:30(開場 13:00)

【会 場】実践女子大学 日野キャンパス(日野市大坂上4-1-1)
     香雪記念館 大教室

【内 容】
<第1部> プレゼンテーション
「地域と大学の連携から生まれたもの」

<第2部>トークセッション
「若者の思いから見えてくるこれからの地域づくり」
 
発表:実践女子大学生活科学部 現代生活学科学生
ゲスト:日野市内で地域活動を行う大学生 ほか
企画・進行:実践女子大学教授 須賀由紀子

※入場無料・申込み不要(先着 250名)
※共催:実践女子大学・日野市

≪お問合わせ先≫
実践女子大学 生涯学習センター
TEL 042-589-1212