ここからページの本文です

実践Webマガジン

実践だより

わくわく授業紹介

ゼミナール(生活文化学科3年生)

生活科学部 生活文化学科 准教授
井口 眞美 先生

画像イメージ

生活文化学科のゼミナールでは、自分の研究したいテーマを決めたり調査の仕方を学んだりして、4 年生の卒業論文作成の基礎学習を行います。井口ゼミでは、保育職を目指す学生がほとんどですので、特色ある保育現場の見学に行ったり、地域活動にボランティアとして参加したりする等、保育・子育て支援の現場に出向く機会も設けています。昨年度は、「食育」をテーマに各自が文献調査を行って、常磐祭で食育にちなんだ劇を行い、地域の子どもたちに見てもらいました。「好き嫌いなく食べよう」「お菓子、ジュースの摂り過ぎには気をつけよう」等、子どもたちに伝えたいことを劇に仕立て、小道具を作成し、見応えのある発表を行うことができました。学生たちは、「食育」という教育的な内容を盛り込んで楽しい劇ができたことに大変満足したようです。
本年度は、元教員の本間洋子先生のご紹介で、病院の NICU(乳児集中治療室)の壁面の飾りづくりをすることになりました。地域資源(和紙)を活用し、切り絵で飾りづくりをする予定です。もちろん、学生たちが医療現場における保育の在り方を考える絶好の機会でありますが、何よりも、入院している子どもの保護者、医療関係者が明るい気持ちになるような環境づくりができるといいなと願っています。