ここからページの本文です

実践Webマガジン

実践だより

1年生のみなさんへ

画像イメージ実践女子大学
実践女子大学短期大学部
学長 城島 栄一郎

 桜の花がほころび始めたころ、緊張して迎えた入学式から3ヶ月がたちました。高校までとは違って履修要項と講義概要、時間割とにらめっこして自分の責任で科目を選択し、慣れないWEBによる履修登録し、その後は授業ごとに違う教室に移動して受講する、という大学生活に皆さんそろそろ慣れてきた頃でしょう。慣れると、どうも科目選択を間違ったとか、抽選にもれて希望の科目が取れなかったとか、いろいろ後悔や不満がでてきているかもしれません。
 「人間万事塞翁が馬(じんかんばんじさいおうがうま)」という諺(ことわざ)があります。人間はもともと“じんかん”と読むようですが“にんげん”でもよいとされています。人というより世間という意味です。似た意味の諺としては「禍福は糾える縄の如し(かふくはあざなえるなわのごとし)」というものもあります。
良いことがきっかけで悪いことが起きる、悪いことがきっかけで良いことが起こる。あるいは、災いや幸福は交互にやってくるという意味です。
 人生にはいろいろなことが起こるので、細かいことに一喜一憂したり右往左往したりしないで、どっしりとした人生を過ごしましょうということです。
 「塞翁が馬」を座右の銘にするのもいいですね。
 入学式の式辞で、「実りある人生をおくるには将来に対して夢を持つことが重要」といいました。そしてその夢を実現していくために、失敗を恐れず物事にチャレンジしましょう。
 常にチャレンジ精神を持ち続け、充実した学生生活を送ってください。