ここからページの本文です

実践Webマガジン

Library Mate

図書館員の横顔 

図書館事務部長 寺沢 白雄(てらさわ あきお)

学生のみなさん、はじめまして。
今年(平成30年)の4月から、図書館事務部の部長として着任しました。
私は、図書館に勤務していても、カウンターに出ることはほとんどないので、
残念ながら皆さんと接することはありません。

大学生の皆さんにお願いがあります。
図書館には、さまざまな書物、参考書、雑誌などがあります。また、普段目にすることがない貴重な書籍等もあります。
ぜひ、学生時代に図書館に頻繁に足を運び、図書館を利用してください。
そして、書架に並んでいる本を見て、いろいろなことに興味を持ってください。
スマホやタブレットなどで本を探し、読むことができる時代ですが、実際に図書館の書架に並んでいる本を見ていると、
さまざまな学問分野やその体系が分かったり、自分が知らない新しい発見をすることがあります。
ちょっと気になったら、図書館で本を借りて、読んでみてください。
一方で、自分が興味を持った本は、自分自身で買ってみることも必要です。
図書館で借りて読んだ本と、自分で買った本は、その印象が大きく変わり、自分の意識の中に残っていきます。

今の時代、本を読まない大学生が多くいるという統計がありますが、実践女子大学、実践女子大学短期大学部の皆さんは、
ぜひ、学生時代に読書習慣を身につけ、卒業後も図書に接し、図書館を利用してください。

今年読んで興味深かった本
『銀河鉄道の父』(門井慶喜著)※
『AI vs. 教科書が読めない子どもたち』(新井紀子著)※
『デザインが日本を変える~日本人の美意識を取り戻す~』(前田育男著)

※本学図書館で所蔵しています。貸出中や所属キャンパスにない場合はOPACで予約・取寄をしてください。

『銀河鉄道の父』(門井慶喜著)           渋谷キャンパス図書館 913.6/Ka14
『AI vs. 教科書が読めない子どもたち』(新井紀子著) 日野キャンパス図書館 007.13/A62