ここからページの本文です

実践Webマガジン

Library Mate

「向田邦子文庫」オープニングセレモニー

10月26日(日)、向田邦子文庫オープニングセレモニーが行われました。
セレモニーには、向田邦子氏の実妹である向田和子氏をお迎えし、テープカットをしていただきました。

画像イメージテープカット(左から田島眞学長、井原徹理事長、
向田和子氏、小林修図書館長)

画像イメージ学生からの花束贈呈

向田文庫とは

「向田邦子文庫」は、昭和62(1987)年 実践女子大学図書館(日野市大坂上)に開設され、
このたび、創立120周年記念事業としての渋谷でのキャンパス展開に伴い、
向田邦子氏が学んだ渋谷の地に移設されました。
ご家族や関係者の方々より寄贈されたシナリオ、自筆原稿、青山のマンションに残された
蔵書、遺品などを収蔵しており、11月1日(土)より一般公開しています。

<向田邦子文庫展示室>

  • 場 所 :渋谷キャンパス 120周年記念館 1階プラザ
  • 開室時間:月~土 9:00~17:00
  • 休室日 :日曜、祝日、本学休校日等  ※詳しくは開室カレンダーをご確認ください。
  • 入室料 :無料

向田邦子文庫オープニング記念展示「向田邦子に出会う」

 ◆現在の展示資料(一部抜粋)
  <作品>
  『森繁の重役読本』(シナリオ)
  『阿修羅のごとく』(シナリオ)
  『あ・うん』(シナリオ)
  『ビリケン』(自筆原稿)
  『ライター泣かせ』(自筆原稿)

  <生前使用していた愛用品>
   未使用の原稿用紙
   テーブル・イス・留守番電話
   鉛筆削り
   バッグ(3点)

  <蔵書>
  『西鶴の世界』暉峻康隆著
  『源氏物語』谷崎潤一郎訳
  『窓ぎわのトットちゃん』黒柳徹子著

画像イメージ

画像イメージ

画像イメージ