ここからページの本文です

実践Webマガジン

桜むすび

和歌を訪ねて ー下田歌子先生とつながるシリーズ No.3

画像イメージ

岩がねに 根ざし かためて 新らしき
かげをも つくれ やまと ひめ松
              歌子

【歌意】
堅い岩盤に しっかリ根を張って 大きく成長し 新しい木陰を つくリなさい 若木の 姫松よ
(日本の少女たちよ、このきびしい時代と社会に、人間として創造的で真実な生き方をしなさい)
【解説】
1978年に、実践女子大学と短期大学では、この和歌の複製色紙を、成人した学生に、歌の説明文とともに配りました。
成人した学生たちに、下田先生の和歌を通して、今後の指針を示したものです。
下田先生が、明治・大正期に女子の教育による女性の地位向上と社会で活躍する女性への応援歌として作られた和歌です。