画像イメージ

ここからページの本文です

キャリア教育科目での取組み

「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会」に向けたキャリア関連科目での取り組み

東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会「文化・教育委員会」委員
大学教育研究センター 深澤 晶久 特任教授

画像イメージ

 これからの大学教育では、学部での専門性の探究をさらに深めるとともに、社会とのつながりを一層強化、進化させる必要があります。日本でもっとも大きく変わり行く街「渋谷」に立地する大学として、「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会」に対して、大学が一丸となって動く、学生も一つになって動く、実践女子大学だからこそ取り組めることが多くあります。「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会」を、教育上の絶好の機会と捉え、組織の新設、学事日程の変更、授業科目の充実、そして多様な視点から取組みを行ってまいります。

 「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会」のコンセプトは3つ。「全員が自己ベスト」、「多様性と調和」、「未来への継承」です。

 「全員が自己ベスト」、これは出場する選手だけではありません。ボランティアは勿論、一観客まで含め、一人でも多くの国民が、自分の置かれた立場で自己ベストを目指す。学生に必要な「前へ踏み出す力」そのものです。
 「多様性と調和」、いうまでもなく、ダイバーシティ社会でどう生きるか、「渋谷」、「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会」、これ以上の機会はありません。
 「未来への継承」、これは「女性が社会を変える、世界を変える」という本学の建学の精神と一致するものです。「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会」学生の参画を通して、学生一人一人がグローバル社会を生き抜く力を身に付けるとともに、大会をさらに盛り上げていくことを目指します。

国際理解とキャリア形成(2年次以上、選択科目)

本学では、2014年度から共通教育科目である「国際理解とキャリア形成」において、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の開催に対し「実践女子大学の学生として自分はどのようなことができるか?どんなオリンピックにしたいか?」をテーマに取り上げ、アクティブラーニング型での授業を実施しています。

  • 2017年度
  • 2016年度
  • 2015年度
  • 2014年度

7月17日(月)

東京2020オリンピック・パラリンピック競技⼤会ゴールドパートナー の株式会社アシックスとの連携授業を行いました

画像イメージ プレゼンテーション後の質疑応答の様子

 本学のキャリア教育科目「国際理解とキャリア形成(担当:大学教育研究センター深澤晶久特任教授、眞鍋清嗣特任教授)」の中で、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会のゴールドパートナー(スポーツ用品)である「株式会社アシックス(以下、アシックス)」の協力を受け、「アシックスが製作する『ボランティアウェア』に関するマーケティング」をテーマに取り組みました。
 7月17日(月)に、アシックスジャパンの西前学代表取締役社長をはじめアシックスの関係者の皆様をお招きして、プレゼンテーションを行いました。

7月11日(月)

「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会で自分たちは何ができるか?」プレゼンテーションを実施しました

画像イメージ両キャンパスをテレビ会議でつないだ授業の様子

「国際理解とキャリア形成」(担当:深澤晶久特任教授、眞鍋清嗣特任教授)において、「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会」を取り上げ、アクティブラーニング型での授業を開催しました。2016年度はアンケート調査をもとにした世代ごとのオリンピックへの関心を高める方策、日本文化をいかしたオリンピックグッズの制作やイベント企画、渋谷キャンパス全体を活用としたライブビューイングの実施、パラリンピックへの関心を高めるための動画サイトやアプリの開発など、様々なアイディアを発表しました。

8月6日(木)

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会「連携大学地域巡回フォーラムin香川」に本学学生と深澤晶久特任教授が参加しました

画像イメージ      意見交換の様子

香川大学幸町キャンパスにおいて東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会主催による「連携大学地域巡回フォーラムin香川」が開催されました。本学大学教育センターの深澤晶久特任教授がアドバイザーとして登壇し、実践女子大学でのこれまでの取り組みの成果と今後の展開についての報告と学生が作成したビデオメッセージが放映されました。

7月26日(日)

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会「首都圏ブロック大会(第2回)」に本学学生が参加しました

画像イメージ

東京藝術大学の奏学堂において東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の大学連携地域巡回フォーラム「首都圏ブロック大会(第2回)in東京」が開催されました。本学からキャリア教育科目「国際理解とキャリア形成」を履修した2、3年生が8名参加しました。

7月13日(火)

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会への提案プレゼンテーションを実施しました

画像イメージ渋谷キャンパスでのプレゼンテーションの様子

「国際理解とキャリア形成」(担当:深澤晶久特任教授、眞鍋清嗣特任教授)において、「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会」を取り上げ、アクティブラーニング型での授業を開催しました。2015年度は、金沢学院大学(石川県)と本学の渋谷キャンパスと日野キャンパスの3地点をテレビ会議で結び、「トランポリン競技」にフォーカスを当て、オリジナルのゆるキャラやtwitter、LINE、instagram等のSNSを利用して「トランポリン競技」への認知度を高める方策や、「トランポリン競技」に親しみを持ってもらうためのイベントの企画などのアイディアを発表しました。

5月23日(土)

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会「首都圏ブロック大会(第1回)」に本学学生が参加しました

画像イメージ

首都大学東京の南大沢キャンパスにおいて東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の大学連携地域巡回フォーラム「首都圏ブロック大会(第1回)in東京」が開催され、本学からキャリア教育科目「国際理解とキャリア形成」を履修した2、3年生が13名参加しました。

5月19日(木)

深澤晶久特任教授が東京五輪「文化・教育委員」に就任しました

画像イメージ

本学は、2014年6月に東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会と大学連携協定を締結しており、深澤教授コーディネートのもと、講座の実施や組織委員会との連携強化の取り組みを実施してきました。
 2015年度も、全学部共通の教育科目「国際理解とキャリア形成」という授業の中で、「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会で自分たちは何ができるか」といった課題を学生たちが検討するなど、オリンピック教育の推進を加速させてまいります。

7月21日(月)

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会への提案プレゼンテーションを実施しました

画像イメージ

2014年度からの共通教育科目である「国際理解とキャリア形成」科目において、「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会」を取り上げ、アクティブラーニング型での授業を、渋谷・日野両キャンパスで実施いたしました。

オープン講座a(1年次以上、選択科目)

ツアーリズムや今夏から募集の始まる東京2020大会のボランティアを学ぶ特別授業(近畿日本ツーリスト株式会社と連携予定)。
※2018年度新規開講

オリンピック特別講座(仮称)(1年次以上、選択科目)

開幕1年後を見据え、教育・文化の両面から、アスリート、文化人、関連企業、他大学など多くのメンバーと共に創り上げる授業を構築予定。
※2019年度新規開講