ここからサイトの主なメニューです

実践女子大学 香雪記念資料館

画像イメージ

ここからページの本文です

次回の展覧会

記録された日本美術史-相見香雨・田中一松・土居次義の調査ノート展

画像イメージ詳細チラシPDFファイル(PDF 4.41MB)

 作品の調査と記録は、いつの時代も美術史研究の出発点です。日本における美術史学が草創期から形成期に入った大正・昭和期、幅広く数多く調査を続けた、相見香雪(1874~1970)田中一松(1895~1983)土居次義(1906~91)。三人の研究者の調査ノートには、三者三様の流儀で作品の記録が連ねられています。当時は、撮影や複写が容易でないことに加え、社会情勢の変化によるコレクションの散逸や、災害や戦争による文化財の破損など、作品をめぐる状況が揺れ動き、目の前の作品の記録をとる行為の切実さは一際強いものでした。三者の記録を通して、美術史学の歩みを回顧すると同時に、調査ノートにとどめられた研究者の目の記憶を再現します。 

会期:2018年 5/12(土)~6/16(土) 
休館日:日曜日 ただし5/20(日)は開館
入館料:無料
開館時間:10:00~17:00(入館16:30まで) ただし5/25(金)は17:30まで
会場:実践女子大学香雪記念資料館 企画展示室1・2 下田歌子記念室
主催:京都工芸繊維大学美術工芸資料館・実践女子大学香雪記念資料館
後援:美術史学会・渋谷区教育委員会

関連イベント
ギャラリートーク
日時:5/25日(金)17:00~
   6/ 2日(土)14:00~



【京都展予告】
会場:京都工芸繊維大学美術工芸資料館
会期:2018/6/25(日)~8/11(土・祝)

〒606-8585 京都府京都市左京区松ヶ崎橋上町
電話 075-724-7924
http://www.museum.kit.ac.jp/

このページの上へ

ここからサイトの主なメニューです