画像イメージ

ここからページの本文です

ゼミ・卒業論文

美学美術史学科では、一年前期に専任教員全ての領域の「入門a」を必ず受講します。その後、興味のある領域の「入門b」(1年後期~)「特講a、b」(2年~)並びにその他の「専門科目」(2年~)を学習するなかで、卒業論文の執筆を視野に入れて、3年次に「演習a、b」を履修します。
そして、4年次に専門別の卒論ゼミに所属し、卒業論文に取り組みます。卒業論文は4年間の学びの集大成です。その経験は、社会に出てからも、大きな自信となるでしょう。

卒業論文のテーマ

  • 長谷川等伯から見る涅槃図の変容
  • 松本竣介の都市風景~Y市の橋を中心に~
  • 八大山人の描く動物の目の表現とそのルーツ
  • ヤコポ・ダ・ポントルモの“物語画”—空間表現から時間経過を読み解く—
  • エドゥアール・マネと美術ジャーナリズム
  • 仏像装身具の変遷—室生寺十一面観音像を中心に—
  • 表現形式としてのインスタレーション—多様性と歴史的展開

※教員別卒業論文テーマは以下からご覧ください。