画像イメージ

ここからページの本文です

2017年9月

実践英文学会講演会のお知らせ

英文学科では、10月15日(日)に、実践英文学会の講演会を開催します。入場無料・事前予約不要です。当日は常磐祭(本学の大学祭)を開催しており、一般の方も自由にご参加いただけますので、ご興味のある方はぜひお越しください。

演題: 国際的暗黒通信組織を追う:Thomas Pynchonの The Crying of Lot 49

日時: 2017年10月15日(日) 午前10:30から12:00まで

会場: 実践女子大学 渋谷キャンパス 創立120周年記念館6階 602教室

講師: 鈴江璋子(実践女子大学名誉教授)

概要:
The Crying of Lot 49 (1966)の物語世界に入る鍵は消音器付き郵便ラッパの記号と、塔の中のラプンツェルという暗喩である。どちらも外界とのコミュニケーションを遮断された孤立状況を示す。ナレーター・ヒロインの若い女性エディパ・マースは、以前交際のあったピアス・インヴェラリティの膨大な遺産の管理執行人として、未知の暗黒世界探索に乗り出す。彼女は、ザ・トライステロという国際的反社会的組織が、正式な郵便事業を秘密裏に攻撃していたことを探知し、また、敗北して発言を封じられた人たちが、アメリカの闇の中に静かに存在していることを知る。彼女は希少な一枚の偽造切手を競売にかけ、裏組織の支配者に挑戦する。彼女が自己・他者・社会を信頼して単独で行動する点、そして行動の原動力が虚偽を突き破って真実を明らかにしようという願望である点、この小説はアメリカのnational taleと言えるだろう。

お問い合わせ:
実践女子大学文学部 英文学科
 TEL: 03-6450-6877
 E-mail: eibun@jissen.ac.jp