画像イメージ

ここからページの本文です

海外語学研修・留学

英文学科生の海外経験

 実践女子大学には言語文化教育研究センターが実施する様々な海外プログラムがあり、英文学科のたくさんの学生が毎年プログラムに参加しています。

 プログラムは大きく分けて、夏期海外語学研修と交換協定校留学です。これら二つのプログラムはそれぞれ以下のような特徴を持っています。

夏期海外語学研修 (「海外語学研修」 2単位認定)

アメリカ・・・・州立ワシントン大学 (24日間)
カナダ・・・・・フレーザーバレー大学 (20日間)
イギリス ・・・サセックス大学 (23日間)
中国・・・・・・北京大学 (29日間)
韓国・・・・・・檀国大学校 (17日間)

派遣留学

選考により以下の2種類の派遣留学生が協定校に留学します。

交換協定留学・・原則 として本学の学費は払うが、留学先の学費は免除される。 協定校留学・・・ 協定を交わしている外国の大学へ自費で留学、本学の学費は一部免除される。 

協定校
カナダ・・・・・フレーザーバレー大学
オランダ・・・・オランダ国立南大学
韓国・・・・・・檀国大学校
中国・・・・・・中国伝媒大学

※派遣留学制度のメリット

留学先で取得した単位の一部が認定可能
留学先で取得した単位は、科目の性格により一部が本学の卒業単位として認定されます。
留学しても単位の取得状況により4年で卒業が可能
留学期間は本学の在学期間としてカウントされるため、順調に単位が取得できれば4年間で本学を卒業することが可能です。
充実したサポート体制
留学計画から日本出国まで言語文化教育研究センターがサポートします。留学先では協定に基づき様々なサポートが受けられます。