画像イメージ

ここからページの本文です

教員別卒業論文テーマ(平成22年度)

平成22年度 文学部 国文学科 卒業論文 題目

<池田三枝子ゼミ>

  • 万葉のホトトギス -家持のホトトギスに寄せる思いとは-
  • アマテラス神話研究
  • 万葉の富士山の魅力 -山部赤人「不尽山歌」を中心に-
  • 日本文学における鬼 -『風土記』を中心に-
  • 『但馬皇女研究』 -悲劇の歌物語-
  • 「安積山の歌」研究
  • 有間皇子研究
  • ヤマトタケル研究
  • 三峰のお犬様信仰 -動物と信仰-
  • 隠されたツクヨミ神話
  • ヤマタノヲロチ神話考
  • 天人女房譚 -万葉集七夕歌に見える姿-
  • 万葉の秋 -「春秋競憐歌」を中心に-
  • 末子成功譚 -海幸山幸神話を中心として-
  • 大津皇子研究 -その物語性を探る-
  • 安倍晴明考
  • 紀女郎論 ~紀女郎の怨恨歌~

<影山輝國ゼミ>

  • 敦煌本『論語疏』研究 -大槻本との比較を通して-
  • 関索の研究 -『花関索伝』と『三国志演義』を中心に-
  • 漢詩における『紫』の表現について -李白と杜甫を中心に-
  • 『列女伝』から見る劉向の女性観
  • 孔子の弟子たち -『論語』と『史記』に見える性格の比較考察-
  • 高杉晋作漢詩選
  • 秋瑾 -中国女性革命家-
  • 漢字の成り立ち -藤堂・加藤・白川説の比較考察-

<栗原敦ゼミ>

  • 大江健三郎研究 -「おかしな二人組」をめぐって-
  • 村上春樹研究
  • 『銀河鉄道の夜』論 ~「子ども」をキーワードとして~
  • 向田邦子研究 -向田邦子の人生と作品-
  • 宮沢賢治「銀河鉄道の夜」論 -“通過儀礼”としての物語-
  • 宮沢賢治研究 -音楽を中心に-
  • 宮沢賢治の造語・命名考 -童話を中心として-
  • 村山由佳研究
  • 宮沢賢治研究 -銀河鉄道の夜で見る“本当の幸”-
  • 宮沢賢治研究 -宮沢賢治童話作品における擬人について-
  • 星新一研究 面白さの表現方法
  • 平岩弓枝研究 -「御宿かわせみ」の世界-
  • 宮沢賢治研究 -宮沢賢治が抱く死生観-
  • 芥川龍之介研究 -児童文学作品から見た芥川龍之介-
  • 太宰治研究 -太宰の考える女性-
  • 宮沢賢治研究 ~物語から読む、賢治の働くとは。~
  • 「私の個人主義」について -夏目漱石の人間性や価値観についての推考-
  • よしもとばなな論 -よしもとばななの作品世界観-
  • 江國香織研究 -江國が描く愛のかたち-

<河野龍也ゼミ>

  • 宮沢賢治の見た銀河鉄道 -銀河鉄道の夜に見る死と星の関係-
  • よしもとばなな「イルカ」論 -女性という存在-
  • 太宰文学における「欲」 -『人間失格』論-
  • 芥川龍之介の童話
  • 金子みすゞ論 -子供のような大人の目-
  • 太宰治「お伽草紙」 -語る「私」について-
  • 芥川龍之介「歯車」論 -僕の在る世界/僕の或世界-
  • 『風の歌を聴け』論 -「僕」と「鼠」の二つの物語-
  • 中島敦文学における運命観 -「山月記」を中心に-
  • 村上春樹「ノルウェイの森」論 -傷ついた者たちの選択-
  • 江戸川乱歩「押絵と旅する男」論
  • 芥川龍之介「河童」論
  • 対話から見い出す活路 -宮沢賢治作品の[人間]と[動物]-
  • 『深い河』における美津子と信仰 -神を巡る美津子・大津の関係-
  • 梶井基次郎「檸檬」・「瀬山の話」論 

<近藤みゆきゼミ>

  • 『古今和歌集』四季歌の世界
  • 『古今和歌集』『源氏物語』における厭世観 -「世」、「世の中」を中心に-
  • 光源氏の恋愛表現 -和歌からのアプローチ-
  • 『古今和歌集』における「雨」と「雪」 -日本的美意識に関する一考察-
  • 『古今和歌集』における「涙」と「夢」 -古今恋歌の世界-
  • 『古今和歌集』論 ~恋歌を流れる吉野川~
  • 『古今和歌集』と『伊勢物語』周辺の「ゆめ」
  • 『古今和歌集』恋歌論 -男歌と女歌-
  • 『古今和歌集』恋歌研究 -「忘る」「忘れず」をめぐって-
  • 『古今和歌集』涙歌論
  • 『古今和歌集』恋歌に見られる植物 -平安歌人は草花に何を託したのか-

<佐藤悟ゼミ>

  • 『忠義水滸伝』と『忠臣水滸伝』
  • 『復讐奇談七里浜』の研究 -一溪庵市井について-
  • 桃太郎と舌切雀 -『桃太郎発端説話』を中心に-
  • 御伽草子の研究 -一寸法師と小男の草子の関係について-
  • 「山東京伝と出版統制」
  • 近松門左衛門の研究 -世話浄瑠璃の成立-

<棚田輝嘉ゼミ>

  • 心の闇 -乙一の描く恐怖の世界-
  • 君に代わっておしおきよ!~漫画における戦闘少女達~
  • 伊坂幸太郎の祈り -生と死を見つめる-
  • a man of heart ~東野圭吾が描く人情家~
  • Art-School 木下理樹歌詞研究 -「鬱ロック」の魅力とは-
  • ロココなココロ -洋服からみる嶽本野ばら乙女論-
  • 陸へ、墜ちる -森博嗣『スカイ・クロラ』の世界-
  • マンガに描かれた現代文化 -時代背景と変化-
  • 寺山修司論 -「私」を形成するもの-
  • すみません、ただの構ってちゃんです -金原ひとみが描く普通の女の子-
  • 愛のかたち、受け継がれるまなざし -小川未明が描いた母親像-
  • 現実と小説に生きる -市川拓司の描く愛と死-
  • まどさんの命のみち -死生観の窓-
  • 村上春樹の二つの世界 -生と死をめぐって-
  • 東野圭吾の献身 -原作と映像の間-
  • そして私たちは大人になる -宮部みゆきの描く少年少女像-
  • 青春のバイブル -若手女性小説家の小説論-
  • 『ライトノベルにおける“萌え”』 -「スレイヤーズ」はなぜ萌えないのか-
  • 在日のアイデンティティ -私は何人なのだろう?-

<福嶋健伸ゼミ>

  • 静岡方言「ダラ」「ラ」に関する考察 -共通語「でしょう」との同異から-
  • 寂寥・悲愁を表す言葉の使い分け -『源氏物語』における「心細し」と「すごし」-
  • 明治30年代小説の一人称表現と文末表現 -世代差か、位相差か-
  • 山梨県国中地方の方言に関する研究 -「やせったいから座っていなさい」-
  • 「心の中で思う」の「心の中で」は冗長か? -明治・大正小説と平成小説の違い-
  • 「オホシ」と「オホカリ」 -『今昔物語集』を通じて見られる相違とは-
  • 『竹取物語』の地の文における敬意表現に関する研究 -敬語が使われる場合と使われない場合-
  • 正徹本『徒然草』の送り仮名
  • 西と東の漫才 -方言によって違いは生まれるのか-
  • 八王子方言 -千葉と山梨からの影響-

<牧野和夫ゼミ>

  • 日本における中世の十王経の一考察
  • 近現代の義仲像の分析を通して -義仲の最期について-
  • 平重盛に関する二、三の考察 -延慶本を中心にして-
  • 延慶本『平家物語』の「磁石」と「ワザハヒ」説話
  • 近代以降における平知盛像
  • 梶原景時像について
  • 中世における男色関係 -『台記』を中心に-
  • 熊野と『平家物語』
  • 平重衡像
  • 『新出宮嶋由来記』について -和歌を中心に考える-
  • 酒呑童子の生成における諸問題

<山内博之ゼミ>

  • 接頭辞「薄(うす)」の意味・用法に関する研究
  • 「かわいい」と「かわいらしい」の使い分けに関する研究
  • 授受補助動詞を用いた依頼表現に関する研究
  • 「病気にかかる」「病気になる」「病気をする」の使い分けに関する研究
  • 「教える」「告げる」「伝える」の使い分けに関する研究
  • 歌謡曲の歌詞の変遷に関する研究 -二人称の分析を中心にして-
  • 「際立つ」「目立つ」「引き立つ」の使い分けに関する研究
  • 漫画における告白の表現に関する研究
  • 漫画の中の幼児の話し方に関する研究
  • 補助動詞「すぎる」の意味・用法に関する研究
  • 「ゆっくり」「のんびり」「きままに」の使い分けに関する研究
  • 「のだから」の意味・用法に関する予測文法的研究
  • 間投性終助詞「サ」の意味・用法に関する研究 -群馬方言と共通語を比較して-
  • 文末の促音の修辞的効果について
  • 「そうです」と「そうですね」の意味・用法に関する研究
  • 接尾語「げ」の意味・用法に関する研究
  • 「何ヲ」の意味・用法に関する研究
  • 副詞と受動化の関係について
  • 日本語教科書に収録されている語彙の性質について -五味太郎の絵本『言葉図鑑』との比較調査から-

<横井孝ゼミ>

  • 源氏物語 女性比較論 -藤壺宮・紫上・女三宮を中心に-
  • 源氏物語の現代語訳 -谷崎潤一郎訳を中心として-
  • 紫式部とその夫・藤原宣孝
  • 源氏物語における脇役の存在意義 -花散里と末摘花を中心に-
  • 『源氏物語』女性比較論 -女三の宮と紫の上-
  • 源氏物語試論 -六条御息所と明石の君-
  • 「紫式部集と源氏物語 -源氏物語に反映された紫式部の体験-」
  • 源氏物語 紫の上私論