画像イメージ

ここからページの本文です

学位授与の方針

実践女子大学 ディプロマ・ポリシー

  実践女子大学は、学修から得た知識・技能・態度を社会に還元するべく実践し、世界と地域で貢献する力を得ることを求めます。その達成のために、以下に掲げる態度を核として能力を身につけ、所定の単位を修得した者に「学士」の学位を授与します。

<態度>
 多様性を受容し、多角的な視点を以って世界に臨む態度【国際的視野】
  ① 多様な価値観を持つ国内外の人々との交流を通して、相互の理解と協力を築こうとする態度。
  ② 国際感覚を身につけて、世界に踏み出し社会を動かそうとする態度。
  ③ 日本の文化・精神を知り、世界に発信しようとする態度。

 知を求め、心の美を育む態度【美の探究】
  ① 人文・社会・自然の中に価値を見出し、感受性を深めようとする態度。
  ② 物事の真理を探究することによって、新たな知を創造しようとする態度。
  ③ 優しさと強さを兼ね備え、倫理観を以って人格を陶冶しようとする態度。

<能力>
 学修を通して自己成長する力【研鑚力】
  ① 学ぶ愉しみを知り、生涯にわたり知を探究し、学問を続けることができる。
  ② 学修成果を実感して、自信を創出することができる。
  ③ 広い視野と深い洞察力を身につけ、本質を見抜くことができる。

 課題解決のために主体的に行動する力【行動力】
  ① 現状を正しく把握し、課題を発見できる。
  ② 目標を設定して、計画を立案・実行できる。
  ③ プロセスや成果を正しく評価し、問題解決につなげることができる。

 相互を活かして自らの役割を果たす力【協働力】
  ① 自己や他者の役割を理解し、互いに協力して物事を進めることができる。
  ② 互いを尊重し信頼を醸成して、豊かな人間関係を構築することができる。
  ③ 状況に応じたリーダーシップを発揮することができる。

文学部 ディプロマ・ポリシー

 文学部では、全学ディプロマ・ポリシーとして求める内容を含め、言語・文芸・芸術の分野を中心としつつ、表現の観点からは、表現の構造や生成の論理の認識とその実践的技能を獲得し、表現の歴史探究の観点からは、時代の中の特質や創造、展開、変遷の論理等を解明し、表現主体や思潮の観点からは個人の思考や共同社会の思潮の現れを探究します。哲学や宗教等と共に、隣接する文化諸科学、人文諸科学、社会諸科学、思考の諸科学等の幅広い教養を取り込み、現代を生きる個人として、社会と諸環境との望ましいあり方に向けて、責任ある自立した関わりをもてるよう基礎的な素養を修得し、各学科の専門的知識とそれを活用できる技能を身につけ、各学科の所定の単位を修得した者に、「学士(文学)」の学位を授与します。

国文学科

 国文学科では実践女子大学及び文学部のディプロマ・ポリシーに基づき、以下のとおりディプロマ・ポリシーを定め、学位を授与します。
 国文学・国語学・漢文学・日本語教育の4分野を学ぶことにより、これらの4分野を統合した論理的思考能力・問題解決能力・プレゼンテーション能力を駆使し、日々研鑽を続けるとともに、その成果として、人間として成長し、21世紀の国際社会で活躍することを求めています。その達成のために、以下に掲げる態度・能力を身につけ、所定の単位を修得した者に「学士(文学)」の学位を授与します。

<態度>
 多様性を受容し、多角的な視点を以って世界に臨む態度【国際的視野】
  ① 多様な価値観を持つ国内外の人々の文化を比較・研究することにより、相互の理解と協力を築こうとする態度。
  ② 多様な価値観を持つ人々との交流につとめ、相互の理解と協力を築こうとする態度。
  ③ 文学とことばの研究を通して、日本の文化を自らのものとし、世界に発信しようとする態度。

 知を求め、心の美を育む態度【美の探究】
  ① 文学とことばの研究を通して感受性を深めようとする態度。
  ② 文学とことばを探究することによって、新たな知を創造しようとする態度。
  ③ 自己の研鑽を通して人格を陶冶しようとする態度。

<能力>
 学修を通して自己成長する力【研鑚力】
  ① 文学とことばを学ぶ愉しみを知り、生涯にわたり知を探究し、学問を続けることができる。
  ② 日本の文学、さらには文化を理解することによって、自信を創出することができる。
  ③ 歴史学、美術史、言語学等、多くの隣接する学問を通して多角的な視点と洞察力を獲を身につけ、本質を見抜くことができる。

 課題解決のために主体的に行動する力【行動力】
  ① 相手の心を打つ表現ができる。
  ② 文学作品やことばの研究から、問題点を設定し、課題を発見できる。
  ③ さまざまな問題や課題の分析方法を立案することにより、ものごとの本質を正しく評価し、問題解決につなげることができる。

 相互を活かして自らの役割を果たす力【協働力】
  ① 文学研究を通じて、人間に対する洞察力を深め、自己や他者の役割を理解できる。
  ② 互いに協力して研究を進めることで信頼を醸成し、豊かな人間関係を構築することができる。
  ③ 共同研究により状況に応じたリーダーシップを発揮することができる。

英文学科

 英文学科は、全学ディプロマ・ポリシー及び学部ディプロマ・ポリシーにおいて求める内容を含め、以下に掲げる態度、能力を身につけ、所定の単位を修得した者に「学士(文学)」の学位を授与します。

 文化の多様性を理解し、広く社会に貢献しようとする態度
 (英語運用力、異文化理解力、情報発信力)
  ① 英語の運用能力を高めようとする態度。
  ② 英語圏の文化や英語について理解を深めようとする態度。
  ③ 国際感覚を身につけ、世界に対して積極的に働きかけようとする態度。

 英語圏文学・文化及び英語学を深く理解する力
 (異文化理解力、論理的思考力)
  ① イギリスとアメリカを中心とする英語圏文学・文化についての知見を深めることができる。
  ② 英語学を中心とする言語学についての知見を深めることができる。
  ③ 集積された知識を元に、深い洞察力をもって独自の考察を加えることができる。

 研究課題に主体的に取り組む力
 (情報収集・分析力、協働力)
  ① 研究対象について多方面から考察し、発展的な研究課題を設定できる。
  ② 課題解決に向け効果的な調査・研究の計画を立案・実行できる。
  ③ 研究に取り組む中で、他者と協調しながら、一定の成果を挙げることができる。

 自分の考えを積極的に発信するための力
 (英語運用力、情報発信力、論理的思考力、協働力)
  ① 自分の考えを形成していくために、日英両言語による情報を収集できる。
  ② 他者と協調的に討論を重ねることにより、自分の考えを形づくることができる。
  ③ 自分の考えを論理的に構成し、それを日英両言語で発信することができる。

美学美術史学科

 美学美術史学科の学修から得た、知識・感性・技能・態度を社会に還元し、世界と地域に貢献する力を得ること、そのために、以下のような態度を核に能力を身につけ、所定の単位を修得した者に「学士(文学)」の学位を授与します。

A<態度>
 様々な文化や美術を理解し、その多様性を尊重する態度【国際的視野】
  ① 日本、東洋、西洋の過去から現在に至る美術作品の鑑賞や分析に基づいて、世界における文化、美術の多様性と共通性を理解する態度。
  ② 様々な地域の美術の歴史や芸術への理解を通じ、多様な文化への敬意を持つ態度。
  ③ 世界的視野に立って日本の文化・美術への理解を深め、国際的な場面で、日本の文化と美術について伝える役割を担う意欲。
  ④ 社会にとって過去の文化財が持つ価値と、それらを次世代に引き継ぐことの大切さを理解し、その役割を担ってきた美術館・博物館などの活動の社会的意義を理解する態度。

 感性を磨き、知的な思考と調和させる意欲と態度【美の探求】
  ① 美術や芸術について関心をもち、感性を高める意欲。
  ② 自然や芸術作品のなかに美的価値を見いだし、それを尊重する態度。
  ③ 知的な関心を抱き、ものごとを客観的にとらえ、他者への想像力をもつ態度。
  ④ 自己の感性と知性を調和させ、身近な人々の間や、社会生活において、それを生かして、豊かな人間関係を築く意欲。

B<能力>
 美術の学修を通して自己成長する力【研鑚力】
  ① 芸術や文化を学ぶ愉みを知り、生涯にわたる精神的な糧とすることができる。
  ② 美術・芸術への知識や感性を実感し、自信を創出することができる。
  ③ 作品や様々な資料を適切に分析し、それを生み出した社会と人間についての洞察を深めることができる。
  ④ 美術作品を生み出した社会への洞察力を養うことを通じて、現実社会における様々な現象の背景にある諸問題を見極めようとすることができる。
  ⑤ 美術や文化について分析し考察した内容を、言葉や文章によって、他者に的確に伝えることができる。

 課題解決のために主体的に行動する力【行動力】
  ① 自ら課題を発見し、解決のための方法や道筋を考え、粘り強く実行する力。
  ② 調査や創作活動などにおいて、適切な計画を立て、自主的に行動することができる力。

 互いに協力して自らの役割をはたす力【協働力】
  ① 自身と他者の役割を理解し、相互に協力し、率先して物事を進める力。
  ② 先達から伝えられた価値や技術について理解し、ともに未来へ伝える力。