画像イメージ

ここからページの本文です

教育課程の編成及び実施に関する方針

実践女子大学 カリキュラム・ポリシー

 実践女子大学は、教育理念及び卒業認定・学位授与の方針に基づき、学修から得た知識・技能・態度を世界と地域に還元できるようにするべく教育を実施します。そのために、教育課程編成、教育内容、教育方法及び評価方法について以下のとおり定めます。

教育課程編成

① 共通教育科目、専門教育科目を体系的に配置します。
② 授業科目の学年配当に配慮し、入学から卒業までいずれの期間も充実した学修ができるようにします。
③ 学部・学科を横断して科目を履修する機会を設け、幅広い学修ができるようにします。

教育内容

① 共通教育において、大学での学修のための導入教育をするとともに、人文、社会、自然の幅広い教養を培うことができるようにします。
② 専門教育において、各学部・学科の卒業認定・学位授与の方針に基づき、基礎から応用に至る知識・技能を身につけることができるようにします。
③ 共通教育、専門教育を通じ、情報発信、言語運用、国内外の文化について学修することで、国際性を身につけることができるようにします。
④ 共通教育、専門教育を通じ、キャリア形成に資する教育を行い、就業力を育成します。

教育方法

① 能動的な学修の充実を図るために、アクティブラーニング、演習・実習や少人数教育を積極的に導入します。
② 社会とつながる学修の充実を図るために、正課外の活動も含め、学外の組織や地域との連携の機会を取り入れます。
③ 授業と連動した事前・事後学修の方法をシラバスに明示し、活発な学修を促す教育を行います。

評価方法

① 成績評価基準を明示し、学生が自らの到達度を正確に把握するとともに教員と共有できるようにします。
② 客観的・総合的評価のために、GPA制度を用います。

文学部 カリキュラム・ポリシー

 文学部では、日本文学(上代~現代)、日本語学、漢文学、日本語教育、イギリス文学・文化、アメリカ文学・文化、英語学、日本美術史、東洋美術史、西洋美術史、美学、博物館学、美術科教育をはじめとして、社会の諸課題に関する広い学識を授け、各々の専門に係る職業に必要な知識と能力の養成を目的として、各学科の専門課程カリキュラムを編成しています。

国文学科

日本文学を体系的・理論的・総合的に学修研究し、同時に日本語の本質と変遷を解明し、日本文化の進展に寄与し得る知識教養をもった学生を育成します。そのため以下のような国文学科独自のカリキュラム・ポリシーを掲げています。

教育課程編成

① 専門教育科目を、国語学、国文学、中国文学及び日本語教育に関する科目に大別し、さらに関連科目として書道に関する科目を体系的に配置します。
② 他学部・他学科の科目を履修する機会を設け、幅広い学修ができるようにします。
③ 副専攻を設置しています。

教育内容

① 1年次では体系としての国文学・国語学・中国文学・日本語教育を「概論」を通じて学びます。これにより大局的に学問領域を眺め、統合してゆく力を重視します。
② 上記の4分野を学修する能力を身につけるため、1年次では「基礎講読」、2年次では「基礎演習」の授業を配置し、言葉やリテラシーを学びます。
③ 3年次以上には、「研究」の授業を配置し、最新の研究、また体系としての学問のあり方を学びます。3年次以上には、課題を設定して計画を立案・実行できるような力を身につけるため、「演習」の授業を配置し、自ら研究、発表し、他者の批判を受けることにより、自らを研鑽する態度を求めます。
④ 4年次には卒業論文を必修としています。これにより学生自らが選んだ研究対象を総合的に理解することを目標としています。授業科目の学年配当に配慮し、入学から卒業までいずれの期間も充実した学修ができるようにします。

教育方法

① 能動的な学修の充実を図るために、アクティブラーニング、演習科目、少人数教育を積極的に導入します。これにより相手を理解・尊重し、自分の意見を伝える能力を身につけます。
② 演習科目を通じて、教条的な意見に対する対処の方法を学習し、お互いの到達点を見出す力を育成します。
③ 学修時間を充実させるため、授業と連動した事前・事後学修の方法をシラバスに明示し、活発な学修を促す教育を行います。

評価方法

① 授業への取り組みを評価します。
② 課題達成を試験・レポート等によって評価します。客観的な成績評価を行ない、学生が自らの到達度を正確に把握するため、GPAによる評価方法を採用しています。
③ 個々の教員の成績評価の方法・基準とフィードバックについてはシラバスに明記してあります。

英文学科

 英文学科は、ディプロマ・ポリシーに基づき、言語運用能力、論理的思考力、表現力を養うことで、多様な文化を深く学び社会に貢献できる人材を育成することを目的として教育を実施します。そのために、教育課程編成、教育内容、教育方法及び評価方法について以下のとおり定めます。

教育課程編成

① 英語の運用能力を養成する科目を配置します。
② 3つの専門分野「イギリス文学・文化」「アメリカ文学・文化」「英語学」から成る専門教育科目を体系的に配置します。
③ 年次進行にともない基礎から応用へと発展的に学修ができるようにします。
④ 3つの専門分野間で、領域横断的な学修ができるようにします。

教育内容

① 情報を収集・発信する能力を身につけることを目的として、英語の4技能(「読む」「書く」「聞く」「話す」)を修得するための授業を配置します。
② 英語運用能力を身につけるために、リメディアル的な内容を含む基礎力の充実に始まり、次第に専門性の高い技能を身につけることができるようにします。
③ 3つの専門分野では、基礎的知識を身につける概論的授業に始まり、特定の限定された専門領域・テーマへ進むことにより、言語・文化の多様性を段階的に学ぶことができるようにします。
④ 研究課題に主体的に取り組み、研究結果を論理的に表現するための教育を行うことにより、情報収集能力、情報分析力、表現力といった、キャリア形成に資する就業力を身につける
ことができるようにします。

教育方法

① 英語関連の授業では、高度な英語運用能力を養うために、習熟度別かつ少人数のクラス編成を行い、アクティブラーニングを採用します。
② 専門分野の授業では、基礎から応用へ、そして卒業論文執筆による課題研究まで、少人数制のクラスを配置して活発な学修を促す教育を行います。
③ 英語運用能力を身につけ、また個々の研究課題に取り組む過程で、広く社会に目を向け、多様な文化を深く理解するための教育を行います。
④ 他者との協力関係を築いて課題解決に取り組むことにより、親和力や協働力を身につける教育を行います。

評価方法

① 客観的・総合的評価のためにGPAを活用します。
② 学修到達目標及び成績評価の方法・基準を明示し、評価に対する学生と教員との相互理解を深めるようにします。
③ 学期末の試験、レポートに加え、授業時のリアクション・ペーパー、プレゼンテーション、ディスカッションなど複数の要素によって総合的に評価するようにします。

美学美術史学科

美学美術史学科では、学科のディプロマ・ポリシーに基づき、学修から得た知識・技能・態度を世界と地域に還元できるように教育を実施します。そのために、教育課程編成、教育内容、教育方法及び評価方法について、以下のとおり定めます。

教育課程の編成

① 授業科目の学年配当に配慮し、専任教員による「基礎科目」「基幹科目」を軸にして専門分野の理解を深め、その他の「関連科目」によって美術芸術に関する様々な分野の知識と教養を広く学ぶことで、体系的な履修を可能にし、その成果としての卒業論文作成に結びつくように専門教育科目を配置しています。
② 博物館学課程(美術館学芸員資格の取得)と中高の美術科教員免許状取得のための資格科目を、学科の専門教育科目と関連づけながら配置しています。それら資格課程の学修により、学科の専門教育で得た知識や思考力を、実際の社会で実践する体験につなげます。さらに「博物館学課程上級科目」によって、専門の学修を社会に広めるための理論・方法を学び、卒業後の実社会での活動につなげます。
③ 学部・学科を横断して科目を履修する機会を設け、他学科や他学部との間に相互に開放科目を設け、ミュージアム・スタディズなど学科が提案した副専攻や、学部や全学の副専攻コースも用意されています。

教育内容

 美学美術史学科では、1年次に、日本、東洋、西洋各地域の美術史と美学についての基礎を学び、幅広い知識と教養を身につけます。2年次からは美術の歴史と現在について、それぞれの興味に従って、基幹科目や関連科目によって専門的かつ体系的に学びます。3年次では、演習授業を必修として、4年次の卒業論文作成につながる専門的内容を学びます。4年次では、これまで学んだ知識や研究方法の集大成として、卒業論文を作成します。

① 1年次には、学科の基礎科目である、専任教員による日本、東洋、西洋の各地域の美術史と美学の「入門」を配置し、各地域の美術についての基礎知識を学びます。共通教育科目の「実践入門セミナー」では博物館・美術館見学を行い、それをもとに発表、レポート作成や美術史研究の基礎的方法を学びます。また、絵画とデザインの実技の入門科目が配当され、美術制作の基礎を学ぶことが出来ます。
② 2年次から3年次では、1年次で学んだ基礎の上に、美術の歴史と現在について学びます。専任教員による基幹科目を中心に、絵画・デザイン・彫刻・工芸の「実習」を含む様々な関連科目を配置し、学生それぞれの興味に応じて体系的に学ぶことが出来ます。2年次前期の基礎演習は、少人数クラスで、日本、東洋、西洋の美術史と美学の各分野について、専門研究の方法と関連知識を学び、3年次の演習への橋渡しとします。また「文献研究」では、美術史や美学の各言語の文献資料の扱い方などを学び、自主的学修の基礎力を身につけます。「実地研究」では体験型学修を行い、併せて調査や報告書の作成方法を学びます。
③ 3年次も引き続き基幹科目によって専門的知識を深め、関連科目によって幅広い知識と教養を身につける一方、ゼミ形式の「演習」が必修になり、実際に美術・芸術作品を見てそれを言葉で表現する力を養い、文献資料を調査する方法を習得し、資料を読む力や発表する力を高めます。実技系ゼミに進む学生も、美学美術史の「演習」を必ず履修し、論文作成のための基本力を身につけます。「演習」には、都内や首都圏の美術館や展覧会の見学、関西方面への見学旅行などが組み込まれています。また、3年次からは博物館学課程の履修が始まり、学修成果を社会に還元する具体的な方法を学ぶことが出来ます。
④ 4年次では、引き続き、学生の興味に即した専門教育科目や関連科目を履修するとともに、「卒論ゼミ」を履修し「卒業論文」に取り組みます。そこでは、自らテーマを発見し、そのために必要な調査を行う行動力と突破力を育み、これまでの学びの集大成としての「卒業論文」を完成させます。なお、実技系卒論ゼミでは、作品制作を行い、卒論はその報告書として位置づけられます。このように卒論作成を通じて、洞察力や総合的な表現力を身に着けると同時に、社会に対する発信力を高めます。

教育方法

① 能動的な学修の充実を図るために、すべての学年に、アクティブラーニングを主体とする少人数授業や実習、演習、見学授業を導入しています。
② 社会とつながる学修の充実を図るために、地域や地方自治体、企業との連携による共同プロジェクトのような正課外活動や、博物館学実習や美術館見学などを通じた学外の組織や地域との連携の機会を取り入れています。
③ 授業と連動した事前・事後学修を促すために、課題提出やその添削などを、多くの授業に取り入れています。

評価方法

① 成績評価基準を明示し、学生が自らの到達度を正確に把握するとともに、レポートや試験の結果の学生へのフィードバックを、多くの授業で実施しています。
② 客観的・総合的評価のために、GPA制度を用います。