画像イメージ

ここからページの本文です

学びのポイント

食物科学専攻カリキュラム

画像イメージ

1.食に関する多様な知識を基礎から応用まで学べます。

2.専門科目の各グループの基礎的な科目は必修科目として1,2年で 履修します。さらに学びたい場合はどのグループからでも自由に選択できます。

3.生活に関連する科学にはコンピューター演習、衣料学、家庭経営学などがあり、生活全体を多様に学ぶことができます。

4.1年から専門の実験が始まり、実際の食品や材料にふれながら学びます。

分野・科目紹介

フードスペシャリスト基礎科目
フードスペシャリスト取得のための基礎科目として「フードスペシャリスト論」、「フードマネージメント論」、「フードコーディネート論」を履修します。
食品学
食品の栄養成分や味、香りなどについての特性を、化学的・生物学的・物理学的方面から総合的に学ぶ科目群です。また、加工食品の製造方法とその原理、加工による成分や性質の変化なども学びます。この分野では「食品学」、「食品学各論」、「食品分析学」、「食品加工学」及びそれらの実験・実習を履修します。
調理学
調理する事による食品の物理的・化学的変化について、理論と実験・実習により理解する科目群です。この分野では「調理学」、「食品物性論」の他、日本料理、中国料理、西洋料理等の調理実習を通して、献立作成、食卓作法等の知識も学びます。
栄養学
健康を保持、増進するための栄養の意義やメカニズムを理解する科目群です。栄養成分の構造や体内での機能および食生活と生活習慣病などについても考える科目です。この分野では「基礎栄養学」、「生化学」などを履修します。
衛生学
疾患の予防を環境、食品など多方面から考える科目群です。この分野では「食品衛生学」などを履修します。
健康科学
病気にならないための栄養補給、生活習慣病を予防するための生活習慣、感染症の予防と対策、環境汚染の健康に与える影響など、健康な生活を送るための知識を学ぶ科目群です。この分野では「感染と防御」などを履修します。
関連科目
その他関連科目として「バイオテクノロジー概論」、「食商品学」、「住居学」、「コンピューター演習」などを学びます。