画像イメージ

ここからページの本文です

学びのポイント

1. 健康栄養専攻の専門科目のカリキュラムは、専門科目(必修)、健康栄養科目(必修または選択)、関連科目(選択)から構成されています。
2. 栄養士養成で特に重要な科目は専門科目と健康栄養科目で、栄養士養成に必要十分な科目を配置しています。
3. 健康栄養科目は、「食計画群」、「食育群」、「健康支援群」、「レベルアップ群」からなり、社会で活躍できる栄養士として高い実践力を備えるための科目を配置しています。
4. 関連科目では、生物、化学の基礎知識を養い、食品衛生監視員・管理者任用資格の取得のための科目を配置してあります。

画像イメージ

分野・科目紹介

<専門科目分野>

専門科目は栄養士養成の上で重要な科目で必修科目になっています。

社会生活と健康
社会や環境と健康との関係を理解するとともに、保健・医療・福祉・介護システムの概要について修得します。
人体の構造と機能
人体の仕組みについて構造や機能を理解し、食事、運動、休養などの基本的生活活動や環境変化に対する人体の適応について修得します。
食品と衛生
食品の各種成分の栄養特性について理解するとともに、食品の安全性の重要性を認識し、衛生管理の方法について修得します。
栄養と健康
栄養とは何か、その意義と栄養素の代謝及び生理的意義を理解するとともに、性、年齢、生活・健康状態等における栄養生理的特徴及び各種疾患における基本的な食事療法について修得します。
栄養の指導
個人、集団及び地域レベルでの栄養指導の基本的役割や栄養に関する各種統計について理解する。また基本的な栄養指導の方法について修得します。
給食の運営
給食業務を行うために必要な、食事の計画や調理を含めた給食サービス提供に関する技術を修得します。

<健康栄養科目>

社会で活躍できる栄養士として高い実践力を備えるための科目を配置しています。

食計画群
専門科目の給食の運営で得た能力をさらに向上するために用意されており、「献立学」「食事計画演習」「応用調理」が必修科目となっています。
食育群
食育の基本理念や日本の伝統的な食文化、世界の食文化、ライフステージに応じた食育へのアプローチ方法、調理などの体験学習を通して食育指導の方法を学ぶことにより栄養士が働く現場や地域社会において食育推進に貢献できる人材を養成します。
健康支援群
運動の生理機能と、スポーツ健康科学、スポーツ栄養学を講義と実習を通じて学び、食事と運動の両面から、社会が求めている生活習慣病の一次予防、高齢者の介護予防ならびに健康寿命の延伸につながる健康支援ができる能力をもつ栄養士を養成します。
レベルアップ群
社会が求める質の高い栄養士を養成することを目指し、専門科目で定めている栄養士養成に必要な科目を学んだ上で、さらに栄養士としての知識や技能を高めるための授業科目を用意しています。