画像イメージ

ここからページの本文です

学びのポイント

管理栄養士専攻 ~健康と栄養のスペシャリスト~

画像イメージ

 管理栄養士専攻の最大の特徴は、厚生労働省の管理栄養士養成指定基準・教程に従ってカリキュラムが編成されていることです。管理栄養士とは栄養士の業務の中でも複雑または高度なものをおこなう能力を有するものに与えられる名称で、特に臨床栄養分野での活躍が期待されています。
 カリキュラムは必修科目が多く、中でも実験・実習の充実ぶりは目を見張るものがあります。例えば学内では献立作成から調理・提供までする「給食経営管理実習」、市販食品の食中毒菌の検査などを行う「食品衛生学実験」、学外では病院、保健所、事業所、学校、福祉施設で実習をおこないます。学内外でさまざまな実験・実習を経験しながら、栄養と健康・疾病との関係などを理解します。さらに、社会に出て幅広く活躍するため、多くの科目を用意し、人、健康、栄養の全体像を把握できるように工夫されています。

管理栄養士専攻カリキュラム

1.管理栄養士が果たすべき多様な専門領域に関する基本となる能力を、養えるように体系化されています。
2.管理栄養士に必要とされる知識、技能、態度および考え方の基本的能力を養うため、基礎・専門の両分野の充実、演習や実習の強化が図られています。
3.栄養評価・判定に基づく適切な指導や、チーム医療の重要性を理解し、情報伝達を円滑に行える能力を養います。
4.公衆衛生を理解し、保健・医療・福祉・介護システムの中で、栄養・給食関連サービスのマネジメントができる能力を養います。
5.健康の保持・増進、疾病の一次、二次、三次予防のための栄養指導を行う能力を養います。

画像イメージ

◆専門基礎分野
専門科目の中でも基礎的な色彩の強い科目が多く含まれています。「専門分野」における知識や技術を習得するため、管理栄養士として基盤をつくります。

◆専門分野
管理栄養士としての専門性を高めるために、より実際的な科目が含まれます。栄養評価・測定に基づいた企画、実施、評価を行うための総合的なマネジメント能力を修得することを目的としています。

◆その他の科目
「食品衛生監視員」「食品衛生管理者」など、資格関連科目や国家試験対策の特別講義等が含まれます。



分野・科目紹介

  • 専門科目は栄養士養成の上で重要な科目で必修科目になっています。
  • 専門分野とは、管理栄養士としての専門性を高めるために、栄養評価・判定に基づいた企画、実施、評価の総合的なマネジメントを行うことのできる能力を養うという基本的考え方を修得することを目的としています。
  区分 内容
専門科目分野 社会生活と健康 社会や環境と健康との関係を理解するとともに、保健・医療・福祉・介護システムの概要について修得します。
人体の構造と機能 人体の仕組みについて構造や機能を理解し、食事、運動、休養などの基本的生活活動や環境変化に対する人体の適応について修得します。
食べ物と健康 食品の各種成分や人体に対しての栄養面や安全面等への影響や評価を学びます。この分野では、「食品学」、「食品機能論」、「食品加工学」、「食品衛生学」、「調理学」などを履修します。
専門分野 基礎栄養学 栄養とは何か、その意義について理解します。健康の保持・増進、疾病の予防・治療における栄養の役割を理解し、エネルギー、栄養素の代謝とその生理的意義を学びます。この分野では「基礎栄養学」と「基礎栄養学実習」を履修します。
応用栄養学 身体状況や栄養状態に応じた栄養管理の考え方を理解します。特に、妊娠や発育、加齢など人体の構造や機能の変化に応じた栄養状態の評価・判定、また、健康増進、疾病予防に寄与する栄養素の健康への影響に関する基本的考え方を学びます。この分野では「母性栄養学」、「成長期栄養学」、「成人・高齢者栄養学」、「応用栄養学実習」を履修します。
栄養教育論 健康・栄養状態、食行動、食環境等の評価・判定に基づき、栄養教育プロラグムの作成・実施・評価を総合的にマネジメントするために必要とされる、健康・栄養教育に関する理論と方法を学びます。この分野では「栄養教育論」、「食生活教育論」、「栄養教育論実習」を履修します。
臨床栄養学 傷病者の栄養状態を評価・判定し、栄養ケアプランを作成・実施・評価するための知識と技術を養います。食事療法と補給の方法、栄養教育、食品と医薬品との相互作用を理解し、疾患・病態別、ライフステージ別の栄養管理方法、チーム医療における管理栄養士の役割なども学びます。この分野では、「臨床栄養学総論」、「臨床栄養学各論」、「臨床栄養学実習」を履修します。
公衆栄養学 地域集団が抱える健康・栄養問題および影響を与えている社会や環境要因を分析、把握し、適切な公衆栄養プログラムを計画・実施・評価するための知識と技能を学びます。この分野では、「公衆栄養学」、「公衆栄養学実習」を履修します。
給食経営管理論 給食運営や関連の資源を総合的に判断し、栄養面、安全面、経済面全般のマネジメントを行う能力を養い、マーケティングの原理や応用について理解するとともに、組織管理などマネジメントの基本的な考え方や方法を学びます。この分野では「給食経営管理」、「給食経営管理実習」を履修します。
臨地実習 病院、保健所、特定給食施設などの施設で実習を行い、業務上の課題を発見し、問題解決に取り組んでみることで、管理栄養士業務を理解します。また、大学で学んだ栄養評価・判定に基づく適切な栄養マネジメントを行うのに必要な専門知識と技術を実践の場面に適用して、理論と実践を結びつけて理解を深めます。この分野では「校外給食実習」「臨床栄養学実習」の他に「公衆栄養学実習」(選択科目)の計4週間実習を行います。