画像イメージ

ここからページの本文です

調理学第1研究室(数野 千恵子教授)

研究室のご紹介

卒業論文作成のために毎年10人前後のゼミ生が所属しています。
「どのようにすれば美味しく食べられるか」という調理に関する実験を行っています。
真面目な中にも季節ごとにイベントを催し、楽しみながら研究を行っています。
ゼミでは学内の一部を耕した畑で野菜を作ったり、自分たちで考えたレシピの試作、誕生日会や行事食パーティなど日々話題が絶えません。新しくゼミの仲間となる3年生への歓迎会も恒例となりました。また学園祭にも毎年出店しており、みんなで楽しみながら参加しています。

最近の主な研究内容

  • 水の硬度が料理の「おいしさ」に及ぼす影響
  • アルカリイオン水の効果に関する研究
  • 食品の油脂の劣化を簡易に測定するキット開発のための基礎研究
  • カット野菜の除菌処理方法が野菜のおいしさに及ぼす影響
  • 青い食器や盛り付け方がおいしさや食欲に与える影響を検討

研究室イベント

ゼミ風景

画像イメージ

毎月1回程度、途中経過を発表するゼミ会を行っています。他の班の研究内容について知り、プレゼンテーションの練習も兼ねているため、回を増すごとに発表が上達していきます。

誕生日会

毎年、数野ゼミには楽しいことが大好きな学生が多いため、誕生日会はみんなでパーティをします。

行事食パーティ

画像イメージ

七夕やハロウィン、クリスマスなどイベントごとにゼミ生みんなで企画・料理をし、楽しい時間を過ごしています。

ゼミ合宿

画像イメージ

毎年、学生の希望で箱根に行っています。実践の合宿所に1泊し、ゼミ会はもちろん、箱根を散策します。