画像イメージ

ここからページの本文です

2015年8月

マスコミ報道(毎日新聞)

毎日新聞のホームページにおいて、現代生活学科が農林水産省(関東農政局)と連携して実施した群馬県でのフィールドワークの詳細が紹介されました。
詳しくは以下のリンクをご覧下さい。

マスコミ報道(群馬県でのフィールドワーク)

現代生活学科が農林水産省(関東農政局)と連携して実施した群馬県でのフィールドワークが、上毛新聞で報道されました。
詳しくは以下のリンクをご覧下さい。

群馬県でのフィールドワークを実施しました!(8/5(水)~6(木))

現代生活学科では農林水産省(関東農政局)と連携して、地方創生に向けた学生の理解を深めるためのフィールドワーク・意見交換会を8/5(水)~6(木)に群馬県で実施しました。

1日目は地域の観光拠点である道の駅の視察や、ぶどうの生産からワイン製造までを一貫して行うワイナリーを訪問して経営者からお話を伺ったり、広大なぶどう畑を見学させていただいたりしました。

画像イメージ

画像イメージ

2日目はモスバーガー契約農場でのトマトの収穫体験や若手農業者との意見交換、観光果樹園での女性経営者との意見交換などを実施しました。

画像イメージ

出発前は「地方って何?」「農村ってどんなところ?」と言っていた学生たちですが、現地を訪問して若手農業者、女性農業経営者、自治体担当者など様々な方からお話を伺い、実際に現場を見ることによって、地方創生、地域活性化についての理解がかなり深まったようです。

現代生活学科では、今回のフィールドワークの経験を後期からの課題提案型授業へとつなげていく予定です。