画像イメージ

ここからページの本文です

学位授与の方針

実践女子大学 ディプロマ・ポリシー

 実践女子大学は、学修から得た知識・技能・態度を社会に還元するべく実践し、世界と地域で貢献する力を得ることを求めます。その達成のために、以下に掲げる態度を核として能力を身につけ、所定の単位を修得した者に「学士」の学位を授与します。

<態度>
 多様性を受容し、多角的な視点を以って世界に臨む態度【国際的視野】
  ① 多様な価値観を持つ国内外の人々との交流を通して、相互の理解と協力を築こうとする態度。
  ② 国際感覚を身につけて、世界に踏み出し社会を動かそうとする態度。
  ③ 日本の文化・精神を知り、世界に発信しようとする態度。

 知を求め、心の美を育む態度【美の探究】
  ① 人文・社会・自然の中に価値を見出し、感受性を深めようとする態度。
  ② 物事の真理を探究することによって、新たな知を創造しようとする態度。
  ③ 優しさと強さを兼ね備え、倫理観を以って人格を陶冶しようとする態度。

<能力>
 学修を通して自己成長する力【研鑚力】
  ① 学ぶ愉しみを知り、生涯にわたり知を探究し、学問を続けることができる。
  ② 学修成果を実感して、自信を創出することができる。
  ③ 広い視野と深い洞察力を身につけ、本質を見抜くことができる。

 課題解決のために主体的に行動する力【行動力】
  ① 現状を正しく把握し、課題を発見できる。
  ② 目標を設定して、計画を立案・実行できる。
  ③ プロセスや成果を正しく評価し、問題解決につなげることができる。

 相互を活かして自らの役割を果たす力【協働力】
  ① 自己や他者の役割を理解し、互いに協力して物事を進めることができる。
  ② 互いを尊重し信頼を醸成して、豊かな人間関係を構築することができる。
  ③ 状況に応じたリーダーシップを発揮することができる。

生活科学部 ディプロマ・ポリシー

 生活科学部では、全学ディプロマ・ポリシーとして求める内容を含め、自然科学、社会科学、人文科学分野の広い教養を土台として、生活を科学的にとらえるための基礎的知識を修得し、各学科の専門的知識と技術を身につけ、社会に貢献できる力を得て、各学科・専攻の所定の単位を修得した者に、「学士(生活科学)」の学位を授与します。

食生活科学科

 食生活科学科は、食と健康に関する学修を通じて得た力を社会で役立て、自己実現できることを求めます。そのために、全学ディプロマ・ポリシー及び学部ディプロマ・ポリシーにおいて求める内容を含め、専攻ごとに挙げた力を中心として、以下に掲げる力を身につけ、所定の単位を修得した者に「学士(生活科学)」の学位を授与します。

 ① 汎用的な力
  ・理解・習得した知識をもとに、身につけた技能を自ら実践の場で応用することができる。
  ・協働する仲間の意思疎通をはかり、自ら協力して目標を達成する力を身につけている。
  ・自らの考えを他者に伝達するための言語能力、情報能力を身につけている。
 ② 豊かな教養の力
  ・食に関する日本の文化とその精神を受け継ぎ、世界的な観点から多様な食文化を理解している。
  ・社会人としてのマナーや、食に携わる者に求められる倫理観を身につけ、責任を持って行動できる。
 ③ 学術的な力
  ・食に関する健康、安全、栄養学的な視野から課題を発見し、学術的に裏づけされた論理的な思考を持って解決できる力を有している。
  ・知識・技術や情報を常に意識し、自ら積極的に学ぼうとする態度を身につけている。

管理栄養士専攻

① 管理栄養士に必要な知識、態度
 ・「食べ物」や「健康」に携わり、人の命を支える専門職としての使命や責任を身につけている。
 ・人の体や機能及び疾病のメカニズムを知り、健康状態を適切に評価できる。
 ・望ましい食習慣や食行動を身につけるため理論を活用し、対象者の行動変容を支援できる。
 ・医療施設、福祉施設、学校、行政などの現場において療養や健康の保持・増進のための栄養管理・指導ができる。
 ・給食の管理運営を行うのに必要な基本的知識・技能・態度を身につけている。

② 多様化した健康課題に対応する能力
 ・多面なコミュニケーション力により、多職種との連携を図ることができる。
 ・リーダーシップを兼ね備え、高い志をもって健康・福祉のために社会に貢献できる。

食物科学専攻

① 食の専門家として必要な知識、技術・技能
 ・食品開発、メニュー開発において企画・運営をする理論や方法論を有している。
 ・食の安全性に関する適切な情報発信の技能・態度を有している。
 ・食生活において必要な調理理論と調理技術を有している。
 ・食品の機能や成分に関する知識を習得しており、安全で健康に良い食べ物を適切に評価できる。
② 食生活や地域社会に必要とされる能力
 ・食に関する文化及び産業について総合的に理解し、自ら課題を見出して解決できる能力を有している。
 ・食にかかわる研究課題に取り組み、その成果を卒業論文としてまとめる能力を有している。
 ・食育の場で、食に関する専門的知識を広く社会に発信し、地域ならびに社会に貢献できる実践力を有している。

健康栄養専攻

① 栄養士に必要な知識、態度
 ・栄養士として事業所、学校、福祉施設、病院などでフードサービスを提供する能力を有している。
 ・献立作成、大量調理、食品衛生、給食管理など集団給食を提供するための知識と技術を有している。
② 健康の維持・増進のための栄養指導・教育を行う能力
 ・対象者の栄養状態を評価し、課題を発見し「食」を通じた関わりの中で改善策を提案し、解決につなげる能力を有している。
 ・地域ならびに社会における人々の健康維持・増進のための食育が実践できる能力を有している。

生活環境学科

 生活環境学科の学修から得た知識、技能、考え方、態度を社会に還元するべく実践し、世界や地域に貢献できる力を得ることを求めます。その達成のために、全学ディプロマ・ポリシー及び学部ディプロマ・ポリシーにおいて求める内容を含め、次に掲げる能力を身につけ、所定の単位を修得した者に、「学士(生活科学)」の学位を授与します。

<態度>
 多様性を受容し、俯瞰的な視点で行動する態度【国際的視野】
  ① 国内外の作品を通して、美の多様性を認め、美に対する感覚(感受性)を研ぎ澄ます態度。
  ② 学内外での活動の中から、多様なものの見方を取り入れ、俯瞰的な視点で物事をとらえる態度。
  ③ 多様なものの見方を取り入れると同時に、自分を見失わず自立自営を追及する態度。

 知を求め、心の美を育む態度【美の探求】
  ① 学修を通して、知性を磨き、美を理解し、美を育む態度。
  ② アパレル・ファッション、プロダクト・インテリア、住環境デザインなど生活環境に知的な関心を持ち、学修を通して、その中から美を見出す態度。
  ③ アパレル・ファッション、プロダクト・インテリア、住環境デザインなど生活環境が持つ美を愛で、慈しむ態度。

<能力>
 学修により得た知識、技能を社会に役立て、かつ、自己成長する力【研鑽力】
  ① 修得した知識や技術を実践の場で応用することができる。
  ② アパレル・ファッション、プロダクト・インテリア、住環境デザインなど生活環境に関する諸問題を見出し、解決することができる。
  ③ 学修を通して、広い視野と深い洞察力を身に着け、本質を見抜くことができる。
  ④ 学ぶ楽しさを知り、生涯にわたり知を求め、学び続けることができる。

 問題解決のために主体的に行動する能力【行動力】
  ① 現状を正しく把握し、課題を発見できる。
  ② 目標を設定して、計画立案、実行ができる。
  ③ 問題や課題を主体的な行動により解決できる。

 相手を活かして自らの役割を果たす能力【協働力】
  ① 相手の意見を公正に判断し、取り入れることができる。
  ② 自己や他者の役割を理解して、お互いに協力して行動することができる。
  ③ お互いを尊重し、信頼関係を築き、豊かな人間関係を構築することができる。

生活文化学科

 生活文化学科は、全学ディプロマ・ポリシー及び学部ディプロマ・ポリシーにおいて求める内容を含め、以下に掲げる態度と能力を身につけて、所定の単位を修得した者に「学士(生活科学)」の学位を授与します。

生活文化の向上を目指し、社会に貢献しようとする態度
 ① 多様な生活文化に関心を持ち、深く理解しようとする態度。
 ② 生活文化の向上のために、主体的に問題解決に臨もうとする態度。
 ③ 生活文化の向上を通して、社会に貢献しようとする態度。

生活文化を総合的に理解する力
 ① 人の生涯にわたる発達を包括的に理解することができる。
 ② 人の生活の営みを多面的に理解することができる。
 ③ 生活文化の多様性を科学的に考察し、説明することができる。

人や社会とつながる力
 ① 多様な人々とかかわる力を身につけ、円満な人間関係を築くことができる。
 ② 社会の様々な情報を収集し、客観的に理解し、適切に判断して行動することができる。
 ③ 多様な人々と協働し、他者の生活を支援することができる。

生活心理専攻

生活の質の向上を目指し、社会に貢献しようとする態度
 ① 社会の変化を捉え、自らの生活や生き方をデザインしようとする態度。
 ② コミュニケーション能力を発揮し、他者と協働しようとする態度。
 ③ 生涯にわたり学び、社会に貢献しようとする態度。

生活と生き方を総合的に理解する力
 ① 家族、社会、健康に関する学びを通して、多様な生活や生き方について客観的に考察することができる。
 ② 生活の諸問題に関心を持ち、多角的に深く理解することができる。
 ③ 人の生活のありようをグローバルな視点から理解することができる。

生活の諸問題を心理的側面から解決する力
 ① 生活課題を心理的側面から捉え、主体的に解決するための方策を考えることができる。
 ② 心理学の科学的な思考と方法を用い、様々な生活課題の解決を図ることができる。
 ③ 生活の質の向上のために、世代を越えて支援を行うことができる。

幼児保育専攻

保育・教育分野において社会に貢献しようとする態度
 ① 子どもに深い関心を持ち、子どもを尊重し、子どもから学ぼうとする態度。
 ② 自らの保育・教育実践を省察し、より質の高い実践を探求しようとする態度。
 ③ 保育・教育者としての倫理観に基づき、その使命と責任を果たそうとする態度。

子どもや保育・教育を総合的に理解する力
 ① 子どもと家族の育ちを家庭、地域、社会において多面的に捉えることができる。
 ② 保育・教育の内容、方法、制度について、歴史的・社会文化的観点から理解することができる。
 ③ 子どもや保育・教育の課題を的確に捉え、改善に向けた方策を考えることができる。

保育・教育を実践する力
 ① 子どもの発達に即した保育活動・授業を構想し、個に応じた援助・指導を考え、実践し、評価、改善していくことができる。
 ② 子どもや保護者や同僚等と円滑なコミュニケーションを図り、信頼関係を築くことができる。
 ③ 地域社会の資源を活用し、多様な人々と協働しながら、保育・教育実践を創造していくことができる。

現代生活学科

 現代生活学科は、これからの持続可能な社会、高度情報社会、少子高齢社会、グローバル社会の新しい生活課題に、柔軟に対応できる知識と技術を学際的に身につけ、現代の企業や行政が重視する「生活者」の視点から新たな社会づくりに貢献できる自立した女性の育成を目的とします。全学ディプロマ・ポリシー及び学部ディプロマ・ポリシーにおいて求める内容を含め、以下に掲げる能力を身につけ、新たな産業社会の中で活躍する力及び地域再生の課題解決に実践的に取り組むための知見と技術を修得した者に「学士(生活科学)」の学位を授与します。

環境、メディア、地域社会に関する広い学識を有し、これからの社会づくりに活かす力【専門就業力】
 ① 現代の暮らしと社会の課題を構造的に捉え、望まれる暮らしを構想することができる。
 ② 地球環境問題の本質を理解し、持続可能な社会を構想し、必要な解決策を提示できる。
 ③ メディアと社会の本質を理解し、新しい時代に必要なメディア技術を修得し、それを活用することができる。
 ④ 多世代・多文化共生の視点から地域やコミュニティの再生を考え、その活動に貢献できる。

専門知識を総合的に使いこなし、生活課題解決に向けてプロジェクトを動かす力 【社会解決力】
 ① 企業や地域社会の現実課題に対して、その対処法を提案することができる。
 ② グローバルな社会で生まれる新しい技術を理解して、企画に反映できる。
 ③ 課題解決に向けてのプロジェクトを組み立て、マネジメントすることができる。
 ④ プロジェクト途中の難しい局面にも柔軟に対応して、持続的に挑戦することができる。
 ⑤ 客観的な分析に基づく意見を述べ、コミュニケーションをはかることができる。
 ⑥ 相異なる他者と協働して、新しいものを創りだすことができる。

専門知識に関する研究テーマを定めて、論理的に考察する力 【課題遂行力】
 ① 自らテーマを探し、必要な情報や文献を収集して、論理的に考察することができる。
 ② 他者に自らの考えを伝え、深めることができる。
 ③ テーマの遂行を通して、発展的課題を見つけることができる。

女性の視点を活かした暮らしを構想し、社会貢献をしようとする態度 【文化発信力】
 ① 女性の視点を活かして、現代生活の課題をクリエイティブに解決することができる。
 ② 先哲の叡智に思索を深め、人間と社会の本質からよき暮らしを提案することができる。
 ③ 企業など組織の様々な社会的活動に対して、専門知識を活かした発信・貢献ができる。