画像イメージ

ここからページの本文です

カリキュラムと授業紹介

単位・カリキュラムのポイント

カリキュラムのポイント

幼児保育専攻では、教育、保育、福祉、保健、医療、心理(発達・学習・社会)などの専門知識を身につけ、子どもに豊かな愛情を注ぎながら、その生活や学びの基盤をつくり、すこやかな育ちを支える保育者・教育者を育成します。子どもの生きる喜びと力を育む保育や教育の仕事に誇りと責任をもち、女性として、また一人の人間として成長しつづけることのできる、誠実で魅力ある専門家を世に送り出すことを目指しています。

幼児保育専攻では、入学から卒業までの4年間で、豊富な実習機会をもち、授業で学ぶ理論を体験的に実践しながら、子どもの理解や保育館・教育観を深めます。保育・教育現場のさまざまな課題に柔軟に対応できる真の実力を身につけるために、卒業後の希望進路にあわせて、次の2種類のコースを用意しています。

幼稚園・保育園・施設の先生をめざす:幼稚園教諭・保育士資格取得コース

 

主な専門科目

実習

1年次
~子どもを知る~

・保育原理
・保育表現技術(各領域)
・社会福祉論

・幼稚園・保育園
参加観察実習:子ども理解

2年次
~発達を知る~

・児童家庭福祉論
・子ども保健
・保育内容(各領域)
・保育学演習

・幼稚園・保育園
参加観察実習:発達理解

3年次
~実践力をつける~

・保育者論 ・教育心理学
・障害児保育
・乳児保育 ・幼児教育法
・子どもの食と栄養

・保育実習(保育所)
・保育実習(施設)

4年次
~専門性を高める~

・家庭支援論
・保育相談支援
・子ども理解とカウンセリング

・教育実習(幼稚園)
・保育実習(保育所または施設)

小学校の先生をめざす:小学校教諭・幼稚園教諭免許取得コース

 

主な専門科目

実習

1年次
~子どもを知る~

・教育学概論
・各教科に関する科目
・初等教科教育法(各科目)
・教育方法・技術
・子どもと英語

・小学校・幼稚園
参加観察実習:子ども理解

2年次
~発達を知る~

・児童家庭福祉論
・子ども保健
・特別活動の指導法
・保育内容(各領域)
・教育学演習

・小学校・幼稚園
参加観察実習:発達理解

3年次
~実践力をつける~

・教育思想史
・教育心理学
・生徒・進路指導
・教育課程編成の実際

・教育実習
(幼稚園/小学校)
・介護等体験

4年次
~専門性を高める~

・教職論
・子ども理解とカウンセリング

 

4年間を通して養う実践力の基礎:子ども観、保育・教育観、支援・指導する力、組織(保育園・幼稚園・施設・小学校など)を運営する力

スペシャルプログラム

  • 礼法/儀礼文化の特別講義 ・パネルシアター講習 ・ピアノレッスン
  • 特別講師として卒業生を招いての講話 
  • 小学校教諭をめざす学生の勉強会 ・入学前課題 ・公務員対策講座 
  • 幼児安全法講習(支援員資格取得) ・その他きめ細やかな個人指導など

単位

卒業に必要な単位 必修 選択必修 選択 選択自由単位
共通教育科目 8 - 12以上 18 124単位以上
専門科目 36 50以上
 

授業紹介

保育表現技術c(体育)

画像イメージ

子どもの遊びを楽しみながら
成長・発達における意義を理解する

 子どもが健やかに成長するうえで、遊びはとても重要です。この授業では、遊びのなかで生まれる子どもの豊かな表現世界を、ともに歓び楽しむ発想力豊かな保育者をめざし、いろいろな遊びで自ら身体を動かしながら、遊びの価値を体得します。大切に考えているのは、人間にとっての遊びの本質をとらえるまなざしです。子どもの発達と遊びの関係性を理解し、保育者となる自分を具体的にイメージしながら遊びのもたらすものを考え、保育の実践力を養います。

保育内容f(表現)

子どもの表現力を養う遊びとは

音楽や図工、劇やダンスなどの活動だけでなく、表情や身振り、しぐさなども子どもの発達に欠かせない表現です。発達の段階に即した遊びや体験を考えながら、子どもの表現を理解する力を身につけます。

子ども理解とカウンセリング

子どもの心理を洞察する

 保育・教育の場面で、幼児・児童および保護者を理解するために必要な知識を学びます。問題や障がいを抱える子どもの心の理解と対応方法、保護者への心理的支援のあり方を習得。実践的なカウンセリングの技法を身につけます。

※科目一覧および講義概要(シラバス)は2017年4月1日現在のものです。これ以降の変更・訂正については反映されません。