画像イメージ

ここからページの本文です

幼児保育専攻の学び

少人数の女子教育ならではの着実な環境で、保育・教育の専門家をめざす

幼児保育専攻では…

画像イメージ

教育、保育、福祉、保健・医療、心理(発達・学習・社会)などの専門知識を身につけ、豊かな愛情を注ぎながら世に送り出すことを目指しています。また、幼児保育専攻には、次のような特徴があります。

1.小学校教員養成課程を新設(2011年度より)

2.高い就職率

  • 就職率 95.3% (2011年3月卒業)
  • 幼稚園教諭免許・保育士資格取得者の就職率 100.0% (2011年3月卒業)
  • 開設7年めでありながら、既に1期生・2期生の約2割が、公立保育職(幼稚園教諭・保育士)に正規採用

3.豊かなボランティア・実習経験

4.「子ども病院」で実習:本専攻の教員(小児科医)と一緒に、病棟保育などの見学実習を行います

5.心理学の専門性を高める

  • 心理学(発達・学習・社会)の3領域に専任教員
  • 認定心理士資格を取得できる:本専攻の認定心理士資格必修科目「心理学基礎実験」は、心理系学科に匹敵する演習経験

このような人に入学してもらいたい!

画像イメージ

  • 心身ともに健康な人
  • 誠実で素直な心をもっている人
  • 地道な努力を惜しまず、いろいろなことに積極的に取り組める人
  • 多様な価値観を受け入れ、他者と協力できる人
  • 学ぶ意欲があり、学び続けることのできる人

1.「清らかな徳性と豊かな情操とをもって社会の弊を正す」

ことのできる女性(学祖 下田歌子先生のことばより)

画像イメージ

  • A.「清らかな徳性と豊かな情操とをもって社会の弊を正す」ことのできる女性(学祖 下田歌子先生のことばより)
  • B.国際理解の素養をもつ
  • C.ボランティア活動を通して学び、成長する

2.実践力のある信頼できる保育者・教育者

  • A.1年生から保育・教育現場での実習や模擬授業を行う
  • B.実技・技能をみがくための特別講義を受ける
  • C.少人数教育でリーダーシップを磨く

3.医療・心理の知識を身につけた専門性の高い保育者・教育者

  • A.カウンセリング・マインドをもっている
  • B.病気や障害のある子どもの保育・教育に対応できる
  • C.問題解決をはかるための手段や道すじを示すことができる

4.地域活動もコーディネートできる保育者・教育者

  • A.学外の地域活動に参加して、地域連携の実際を学ぶ
  • B.豊富なボランティア経験をもっている
  • C.大学行事の企画・運営に学年を越えて参加する