画像イメージ

ここからページの本文です

学科主催イベント(2015年度)

常磐祭 ホームカミングデーのお誘い

生活文化学科では、常磐祭の11月7日(土)・8日(日)に『Homecoming Day 2015 ようこそ先輩〜卒業生の集い〜』を開催します。ぜひご来場ください。

場所:実践女子大学 日野キャンパス Ⅰ館121教室「卒業生集いの場」
日時:11/7(土)・8(日)10:00〜16:00「卒業生集いの場」常設
※本会場は、展示物をご覧いただきながらご歓談、ご休憩をされたり、同窓の方と待ち合わせをされる場としてご活用ください。
※8(日)15:00〜16:00は、とくに退職された先生方や助手さんたちにもご来場いただけるよう、お声かけしています。
※両日共に、在学生(1学年)による出前紙芝居を企画しております。お子さまと一緒にお越しの際は、お声をかけていただければすぐ目の前で演じさせていただきます。

〈問合せ先〉生活文化学科  松田純子
TEL 042-585-8918(助手室) E-Mail:matsuda-junko@jissen.ac.jp

生活文化学科 生活心理専攻企画
生活文化フォーラム:シリーズ国際公開講演会「生活の中での心の動きと支援」

2014年度に発足した生活文化学科・生活心理専攻は、生活の中での心の動きのメカニズムの解明、生活の中での心の支援を目指しており、アメリカとドイツから2人のゲストを迎え、次の2つの国際公開講演会を開催します。

<シリーズ1>ソーシャルネットワークと人々の心と暮らし-フィールドワークでの研究成果から-

【日時】2015年9月12日(土)  13:00~15:00(受付開始:12:00)
【講師】ペンシルバニア大学心理学研究室教授 コーレン・アピセラ博士
【場所】実践女子大学 日野キャンパス 香雪記念館
【参加費】無料 *通訳がつきます
【参加予約】下記の要領で、事前参加申込をして下さい。(定員80名)

<講座概要>
「生活の中での心の動き」についてペンシルバニア大学心理学研究で、顕著な研究業績をあげNHKの「病の起源」にも出演されたコーレン・アピセラ(Coren Apicella)博士を迎え、そのフィールドワークの研究成果をもとにソーシャルネットワークと人々の心と暮らしの問題を解き明かしていきたいと考えています。私たちの生活に欠かせないソーシャルネットワーク(社会学用語)研究は、社会的孤立やサポートの欠如、社会的関与の低下などの慢性的ストレスによる社会的体験が、心の病と結びついていることを教えてくれます。アピセラ博士は、タンザニアでのフィールドワークで、狩猟採集で生活するハッザの人々の社会的なネットワークとその協力関係が社会に安心や希望を広げることを示しています。本講演会では、今日の高齢社会におけるわれわれの社会的ネットワークや人とのコミュニケーションといった側面からわたしたちの生活を考えてみたいと思います。

<シリーズ2>音楽をとおした自閉症児とのコミュニケーション—関係と感情を育むための発達アセスメントと支援ツール-

【日時】2015年9月14日(月) 18:15~20:15(受付開始:17:15)
【講師】ベルリン芸術大学・音楽療法センター教授 カーリン・シューマッハー博士
【場所】実践女子大学 渋谷キャンパス 創立120周年記念館 502教室
【参加費】無料 *通訳がつきます
【参加予約】下記の要領で、事前参加申込をして下さい。(定員85名)
【後援】日本音楽療法学会

<講座概要>
私たちの生活に欠かせない音楽はリズム・メロディー・テンポ等の要素により、豊かなコミュニケーションや感情を引き起こします。そして感情は人間関係を築いてゆきます。コミュニケーションや感情の調整に難しさをもつ自閉症児に対して音楽をとおしてコミュニケーションと感情を育み、相互関係を築きあげることの効果が各国で検証されつつあります。
今回、ベルリン芸術大学教授で長年自閉症児者の臨床支援をされてこられた音楽療法士で研究者であるカーリン・シューマッハー(Karin Schumacher)博士を迎え、「音楽をとおしての関係と情動のアセスメントと支援ツール(AQR)」について、支援ビデオの紹介によってお話しして頂きます。今後の自閉症児支援の新たな可能性について、また通常の保育や教育にあたる保育者や教師、また子育ての養育者にとっても、子どもとの相互関係を創るための貴重なヒントが得られることでしょう。

申込用法

(1)希望講座名(1又は2)、(2)開催日時、(3)氏名、(4)所属、(5)メールアドレスを記載し、以下の申し込みサイト、QRコード、E-mail、FAXのいずれかで申し込みください。定員になり次第締め切らせて頂きます。

■申し込みサイト:http://goo.gl/forms/3EU3s50tbU
 (下にQRコード) (参加可能者には申し込み直後に確認が表示されます)
■E-mail seibun@jissen.ac.jp 
■FAX 042-585-8919 (参加可能者には返信メールをお送りします)
■申込期限 2015年8月31日(月)17:00

画像イメージ

【主催】実践女子大学・生活科学部・生活文化学科 
【問い合わせ】TEL 042-585-8918(生活文化学科助手室)