画像イメージ

ここからページの本文です

生活文化学科のFAQ

全て開閉する

何を学ぶことができますか?

生活文化学は、人間のより良い暮らし方(ライフスタイル)をさまざまの視点から追求する研
究領域です。より良く生きていくためには、人間のあり方、現代社会の経済、政治、文化とくに現代文化についての知識が必要です。そのために、心理学・教育学などの知識も学ぶことが求められます。

どのような先生がいますか?

様々な先生が、様々な研究をしています。各スタッフの研究題目などを参考にして下さい。

どんな学生がいますか?

メディア、マーケティング、心理・教育と健康・福祉について学びたい学生や、子どもと家族、子どもを取り巻く社会に強い関心を持ち、保育士、幼稚園教諭、小学校教諭の資格を取得し、将来、公私立の保育園、幼稚園、小学校等で働きたいと希望している学生が多くいます。

卒業後の進路・就職について教えてください。

生活文化専攻の学生は事務職、営業企画として就職する方が多いです(生活文化専攻は、2014年に生活心理専攻へ名称変更します。)。一方幼児保育専攻の学生は90%以上が子供と関わる仕事についています。

取得できる資格を教えてください。

資格取得一覧をご覧ください。

2つの専攻の違いについて教えてください。

生活文化専攻は、人間と社会環境との調和、社会・家庭生活の変革期における新しい生活意識と、それに対する生活様式の在り方を考え、これからの生活文化を提案し、それを地域社会の中で実現していく女性の育成を目的としています。(生活文化専攻は、2014年に生活心理専攻へ名称変更します。)
幼児保育専攻は子ども達の健やかな成長・発達に資する豊かな人間性を持った人材の育成を目的としたカリキュラムになっています。幅広い教養を身につけながら、子どもの発達や心理、健康、福祉、保育、教育に関する専門的諸学を学び、保育士、幼稚園教諭、小学校教諭として実践するうえで必要な知識と技術を修得します。

フレッシュマンキャンプとは何ですか?

新入生を対象とした宿泊研修です。大学生活にいち早く慣れてもらうために、親睦を兼ねた研修を行っています。

幼児保育専攻の校外実習について教えてください。

保育士免許、教諭免許を取得するには、定められた時間数を学外の施設で実習する必要があります。