画像イメージ

ここからページの本文です

学位授与の方針

実践女子大学 ディプロマ・ポリシー

 実践女子大学は、学修から得た知識・技能・態度を社会に還元するべく実践し、世界と地域で貢献する力を得ることを求めます。その達成のために、以下に掲げる態度を核として能力を身につけ、所定の単位を修得した者に「学士」の学位を授与します。

<態度>
 多様性を受容し、多角的な視点を以って世界に臨む態度【国際的視野】
  ① 多様な価値観を持つ国内外の人々との交流を通して、相互の理解と協力を築こうとする態度。
  ② 国際感覚を身につけて、世界に踏み出し社会を動かそうとする態度。
  ③ 日本の文化・精神を知り、世界に発信しようとする態度。

 知を求め、心の美を育む態度【美の探究】
  ① 人文・社会・自然の中に価値を見出し、感受性を深めようとする態度。
  ② 物事の真理を探究することによって、新たな知を創造しようとする態度。
  ③ 優しさと強さを兼ね備え、倫理観を以って人格を陶冶しようとする態度。

<能力>
 学修を通して自己成長する力【研鑚力】
  ① 学ぶ愉しみを知り、生涯にわたり知を探究し、学問を続けることができる。
  ② 学修成果を実感して、自信を創出することができる。
  ③ 広い視野と深い洞察力を身につけ、本質を見抜くことができる。

 課題解決のために主体的に行動する力【行動力】
  ① 現状を正しく把握し、課題を発見できる。
  ② 目標を設定して、計画を立案・実行できる。
  ③ プロセスや成果を正しく評価し、問題解決につなげることができる。

 相互を活かして自らの役割を果たす力【協働力】
  ① 自己や他者の役割を理解し、互いに協力して物事を進めることができる。
  ② 互いを尊重し信頼を醸成して、豊かな人間関係を構築することができる。
  ③ 状況に応じたリーダーシップを発揮することができる。

人間社会学部 ディプロマ・ポリシー

 人間社会学部は、「人を知り、社会を知り、ビジネスを学ぶ」をモットーに、グローバリゼーションや情報化が進展し、多様化・複雑化・成熟化する21世紀社会において活躍できる女性の育成をめざしています。
 そのため、人間社会学部では、全学ディプロマ・ポリシーとして求める内容を含め、以下に掲げる態度と能力を身につけ、所定の単位を修得した者に「学士(人間社会)」の学位を授与します。

<態度>
 多様性を受容し、多角的な視点をもって世界に臨む態度【国際的視野】
  ① 豊かなコミュニケーション能力を身につけ、国内外の人々と相互理解と協力関係を築こうとする態度。
  ② 国内外の多様な人間と社会のあり方について理解し、受容し、尊重しようとする態度。
  ③ 国内外で発生している様々な問題の解決に貢献しようとする態度。

 知を求め、心の美を育む態度【美の探究】
  ① 人間と社会とビジネスに関して幅広く学ぶことによって、新たな知を創造しようとする態度。
  ② 人間と社会のあり方に関して望ましい価値観を探求しようとする態度。
  ③ 高い倫理観をもって、自己の言動・価値観を批判的に振り返りつつ、行動する態度。

<能力>
 学修を通して自己成長する力【研鑽力】
  ① 現代社会の諸課題について常に興味・関心を持ち、学び続けることができる。
  ② 専門的知識とスキルを身につけ、社会人・職業人として活躍することができる。

 課題解決のために主体的に行動する力【行動力】
  ① 現代社会における様々な課題について自らテーマを設定し、情報を集め、多角的・総合的に分析することができる。
  ② 課題を解決するために自らアクションプランを策定し、主体的に実践することができる。

 相互を活かして自らの役割を果たす力【協働力】
  ① 自己や他者の役割を理解し、他者と協働しながら自らの役割を果たすことができる。
  ② 課題の遂行や解決にむけて、主体的にリーダーシップを発揮することができる。

人間社会学科

<態度>
 多様性を受容し、多角的な視点をもって世界に臨む態度【国際的視野】
  ① 社会学、ジェンダー論、心理学、教育学、メディア論などを学ぶことを通して、国内外の多様な人間と社会と文化のあり方について理解し、受容し、尊重しようとする態度。
  ② 国内外の社会で発生している様々な問題の解決に貢献しようとする態度。
  ③ 豊かなコミュニケーション能力を身につけ、国内外の人々と相互理解と協力関係を築こうとする態度。

 知を求め、心の美を育む態度【美の探究】
  ① 社会学、ジェンダー論、心理学、教育学、メディア論などを学ぶことを通して、現代の社会と人間と文化に関して新たな知を創造しようとする態度。
  ② 人間と社会と文化のあり方に関して、望ましい価値観を探究しようとする態度。
  ③ 高い倫理観をもって、自己の言動・価値観を批判的に振り返りつつ、行動する態度。

<能力>
 学修を通して自己成長する力【研鑽力】
  ① 現代社会における様々な問題について常に興味・関心を持ち、学び続けることができる。
  ② 社会学、ジェンダー論、心理学、教育学、メディア論などの専門的知識とスキルを身につけ、社会の様々な分野で社会人・職業人として活躍することができる。

 課題解決のために主体的に行動する力【行動力】
  ① 現代社会における様々な課題について自らテーマを設定し、情報を集め、多角的・総合的に分析することができる。
  ② 課題を解決するために自らアクションプランを策定し、主体的に実践することができる。

 相互を活かして自らの役割を果たす力【協働力】
  ① 自己や他者の役割を理解し、他者と協働しながら自らの役割を果たすことができる。
  ② 課題の遂行や解決にむけて、主体的にリーダーシップを発揮することができる。

現代社会学科

<態度>
 多様性を受容し、多角的な視点をもって世界に臨む態度【国際的視野】
  ① 経済学、経営学、法律学、政治学、コミュニケーション学などを学ぶことを通して、国内外の多様な人間と社会のあり方や国際的なビジネス社会について理解を深めようとする態度。
  ② 国内外のビジネス社会で発生している様々な問題の解決に貢献しようとする態度
  ③ 豊かなコミュニケーション能力を身につけ、国内外の人々と相互理解と協力関係を築こうとする態度。

 知を求め、心の美を育む態度【美の探究】
  ① 経済学、経営学、法律学、政治学、コミュニケーション学などを学ぶことを通じて、現代の社会とビジネスに関して新たな知を創造しようとする態度。
  ② 人間と社会とビジネスに関して、望ましい価値観を探求しようとする態度。 
  ③ 高い倫理観をもって、自己の言動・価値観を批判的に振り返りつつ、行動する態度。

<能力>
 学修を通して自己成長する力【研鑽力】
  ① 現代社会やビジネス社会における様々な問題について常に興味・関心を持ち、学び続けることができる。
  ② 経済学、経営学、法律学、政治学、コミュニケーション学などの専門的知識とスキルを身につけ、広くビジネス等の分野で社会人・職業人として活躍することができる。

 課題解決のために主体的に行動する力【行動力】
  ① 現代社会における様々な課題について自らテーマを設定し、情報を集め、多角的・総合的に分析することができる。
  ② 課題を解決するために自らアクションプランを策定し、主体的に実践することができる。

 相互を活かして自らの役割を果たす力【協働力】
  ① 自己や他者の役割を理解し、他者と協働しながら自らの役割を果たすことができる。
  ② 課題の遂行や解決にむけて、主体的にリーダーシップを発揮することができる。