画像イメージ

ここからページの本文です

教育課程の編成及び実施に関する方針

実践女子大学 カリキュラム・ポリシー

 実践女子大学は、教育理念及び卒業認定・学位授与の方針に基づき、学修から得た知識・技能・態度を世界と地域に還元できるようにするべく教育を実施します。そのために、教育課程編成、教育内容、教育方法及び評価方法について以下のとおり定めます。

教育課程編成

① 共通教育科目、専門教育科目を体系的に配置します。
② 授業科目の学年配当に配慮し、入学から卒業までいずれの期間も充実した学修ができるようにします。
③ 学部・学科を横断して科目を履修する機会を設け、幅広い学修ができるようにします。

教育内容

① 共通教育において、大学での学修のための導入教育をするとともに、人文、社会、自然の幅広い教養を培うことができるようにします。
② 専門教育において、各学部・学科の卒業認定・学位授与の方針に基づき、基礎から応用に至る知識・技能を身につけることができるようにします。
③ 共通教育、専門教育を通じ、情報発信、言語運用、国内外の文化について学修することで、国際性を身につけることができるようにします。
④ 共通教育、専門教育を通じ、キャリア形成に資する教育を行い、就業力を育成します。

教育方法

① 能動的な学修の充実を図るために、アクティブラーニング、演習・実習や少人数教育を積極的に導入します。
② 社会とつながる学修の充実を図るために、正課外の活動も含め、学外の組織や地域との連携の機会を取り入れます。
③ 授業と連動した事前・事後学修の方法をシラバスに明示し、活発な学修を促す教育を行います。

評価方法

① 成績評価基準を明示し、学生が自らの到達度を正確に把握するとともに教員と共有できるようにします。
② 客観的・総合的評価のために、GPA制度を用います。

人間社会学部 カリキュラム・ポリシー

人間社会学部では、全学ディプロマ・ポリシーと学部のディプロマ・ポリシーに基づき、教育課程編成と教育内容、教育方法、評価方法について、以下のとおり定めます。

教育課程編成

① 人間社会学部では、人間と社会とビジネスに関して、多角的・総合的に学びます。そのために、社会学、心理学、経済学、経営学、法律学、コミュニケーション学、統計学を学部の主な「基礎科目」として設定しています。
② 人間社会学部では、1年次は学科に分かれず、全員が一通り必修の「基礎科目」を履修します。そしてその上で、2年次に自らの関心とキャリア・デザインに基づいて学科を選択し、専門的な学修を進めます。
③ 1年次から4年次まで少人数の「演習科目」を配置し、演習の担当者がアカデミック・アドバイザーとなって学生に対する学修支援を行ないます。
④ グローバル時代にふさわしい実践的なコミュニケーション能力の養成に向け、学部共通の「基礎科目」として「コミュニケーション系科目」を配置します。
⑤ 多様な学びを保障するために、学科や学部の枠を超えて履修が可能な「選択自由単位」(20単位)を設定します。
⑥ 全学の副専攻「女性キャリア・スタディーズ」と学部独自のキャリア教育科目を通して、学生のキャリア形成を支援します。
⑦ 社会調査士、認定心理士、公認心理師、日本語教員などの資格取得のための科目を専門教育科目に配置し、資格取得を進めます。

教育内容

① 1、2年次の「基礎演習」(演習Ⅰ、演習ⅡAB)では大学で学ぶためのアカデミック・スキルを修得できるようにします。3、4年の「専門演習」(演習ⅢAB、演習ⅣAB)では、専門的な知識と能力を身につけられるようにします。
② 2年次以降の「基幹科目」では、学部共通の基幹科目、各学科の専門分野の基幹科目、資格取得のための基幹科目を配置し、段階的・系統的に専門的な知識・スキルを修得できるようにします。
③ 「展開・応用科目」では、各学科の専門分野の発展的・応用的な科目を配置し、各自が自らの専門的な学問分野を体系的に学べるようにします。

教育方法

① 講義科目では、現代社会の諸課題と最先端の学問動向を分かりやすく講義します。
② フィールドワークやワークショップ、PBL(Project Based Learning)、実験、実習、調査などのアクティブラーニングを積極的に取り入れ、学生が主体的に学び、考え、実践することができるようにします。
③ 1年次から4年次までの演習を通じて、学生のディベート能力やプレゼンテーション能力を高める教育を実施します。
④ 学外の企業組織や地域との連携を通じて、生きた学問や理論と実践との融合が図れるような教育を実施します。

評価方法

① 授業の学修到達目標及び成績評価の方法・基準に基づいて、客観的かつ公正に評価します。
② 客観的・総合的に評価するためにGPAを活用します。

人間社会学科

教育課程編成

① 人間社会学科では、人間と社会と文化について多角的・総合的に理解し、社会の様々な分野で活躍する女性を育成するために、社会学、ジェンダー論、心理学、教育学、メディア論などの多様な科目を専門科目として配置しています。
② 人間社会学科の「展開・応用科目」は、以下の3つの系より構成されています。学生は自分の専門分野として以下の3つの系の中から1つを選びます。
〔社会ビジネス系〕社会学、経済学、経営学など、現代社会とビジネスに関する科目群
〔心理・教育系〕心理学、教育学など、人間の心理や成長・発達に関する科目群
〔メディア・コミュニケーション系〕メディア論や情報科学など、メディアとコミュニケーションに関する科目群

教育内容

① 1、2年次の「基礎演習」(演習Ⅰ、演習ⅡAB)では大学で学ぶためのアカデミック・スキルを修得できるようにします。3、4年の「専門演習」(演習ⅢAB、演習ⅣAB)では、専門的な知識と能力を身につけられるようにします。
② 2年次以降の「基幹科目」では、学部共通の基幹科目、各学科の専門分野の基幹科目、資格取得のための基幹科目を配置し、段階的・系統的に専門的な知識・スキルを修得できるようにします。
③ 「展開・応用科目」では、各学科の専門分野の発展的・応用的な科目を配置し、各自が自らの専門的な学問分野を体系的に学べるようにします。

教育方法

① 講義科目では、現代社会の諸課題と最先端の学問動向を分かりやすく講義します。
② フィールドワークやワークショップ、PBL(Project Based Learning)、実験、実習、調査などのアクティブラーニングを積極的に取り入れ、学生が主体的に学び、考え、実践することができるようにします。
③ 1年次から4年次までの演習を通じて、学生のディベート能力やプレゼンテーション能力を高める教育を実施します。
④ 学外の企業組織や地域との連携を通じて、生きた学問や理論と実践との融合が図れるような教育を実施します。

評価方法

① 授業の学修到達目標及び成績評価の方法・基準に基づいて、客観的かつ公正に評価します。
② 客観的・総合的に評価するためにGPAを活用します。

現代社会学科

教育課程編成

① 現代社会学科では、人間と社会とビジネスについて多角的・総合的に理解し、ビジネス社会で活躍する女性を育成するために、経済学、経営学、法律学、政治学、コミュニケーション学などの多様な科目を専門科目として配置しています。
② 現代社会学科の「展開・応用科目」は、以下の3つの系より構成されています。学生は自分の専門分野として以下の3つの系の中から1つを選びます。
 〔経済・法律系〕経済学や法律学など、国内外の経済と法制度に関する科目群
 〔経営・ビジネス系〕経営学、マーケティング論、会計学など、経営とビジネスに関する科目群
 〔グローバル社会系〕国際関係論や共生支援論、国際経済論など、グローバル社会に関する科目群

教育内容

① 1、2年次の「基礎演習」(演習Ⅰ、演習ⅡAB)では大学で学ぶためのアカデミック・スキルを修得できるようにします。3、4年の「専門演習」(演習ⅢAB、演習ⅣAB)では、専門的な知識と能力を身につけられるようにします。
② 2年次以降の「基幹科目」では、学部共通の基幹科目、各学科の専門分野の基幹科目、資格取得のための基幹科目を配置し、段階的・系統的に専門的な知識・スキルを修得できるようにします。
③ 「展開・応用科目」では、各学科の専門分野の発展的・応用的な科目を配置し、各自が自らの専門的な学問分野を体系的に学べるようにします。

教育方法

① 講義科目では、現代社会の諸課題と最先端の学問動向を分かりやすく講義します。
② フィールドワークやワークショップ、PBL(Project Based Learning)、実験、実習、調査などのアクティブラーニングを積極的に取り入れ、学生が主体的に学び、考え、実践することができるようにします。
③ 1年次から4年次までの演習を通じて、学生のディベート能力やプレゼンテーション能力を高める教育を実施します。
④ 学外の企業組織や地域との連携を通じて、生きた学問や理論と実践との融合が図れるような教育を実施します。

評価方法

① 授業の学修到達目標及び成績評価の方法・基準に基づいて、客観的かつ公正に評価します。
② 客観的・総合的に評価するためにGPAを活用します。