画像イメージ

ここからページの本文です

篠﨑香織先生

経営学を通して自律する力を!

篠﨑香織先生

篠﨑 香織(SHINOZAKI Kaori)/現代社会学科・准教授

略歴:早稲田大学社会科学部卒業。早稲田大学大学院社会科学研究科政策科学専攻修士課程修了。北陸先端科学技術大学院大学知識科学研究科博士後期課程修了(博士・知識科学)。経営学(戦略論・組織論)専門。M&A 実施企業の研究開発部門のマネジメント、ワーク・ライフ・バランスに関する研究に従事。

Q.先生の研究分野を具体的に教えてください。

大きなテーマが 2 つあります。1 つは企業の M&A(合併・買収)で、M&A を実施した企業がその後一緒に活動していく際にどのようなことに気をつければよいのかを、特に「研究開発部門」に注目して研究しています。もう 1 つは、有職者が育児も介護もするという状況に直面した際にどのようなサポートがあるとよいかという、ワーク・ファミリーに関する研究です。晩婚化、晩産化と高齢化が並行して進む今日、今後ますます上記のような家庭が増加することから、その前に対策を提示していきたいと考えています。

Q.ゼミではどのような活動をしていますか?

教科書の輪読を通して経営学の基礎を復習し、その後は経営学の枠組みを使って、具体的な企業の取り組みや現象を分析しています。インターンシップ等を利用し、業界および企業研究を進めるゼミ生もいます。また、質問票を設計し調査を行ったり、他大学との交流ゼミを通してディスカッションやプレゼンテーション能力など実践的なスキルの習得、向上に努めています。

Q.現在のゼミの状況は?

地道に、コツコツ。

Q.「こんなゼミにしたい!」など目標はありますか?

ゼミ生が自律的に動くゼミ。

「ゼミは私たちがやりたいようにやりますから!」とゼミ生に言われたいです。

Q.授業をする際に気を付けていることはありますか?

経営学への興味が薄い学生さんにも経営学が身近な学問であることに気づいてもらえるように、生活との関わりの中から話を進めるようにしています。

それから、履修者参加型の授業を心がけています。履修者にどんどん意見を出してもらい、深く考えてもらう時間をつくるようにしています。

Q.好きなこと、趣味は何ですか?

コーヒーを淹れること。

Q.大学生の頃楽しかったことは何ですか?

友達と食べ歩きをすることや、語り明かすこと。

Q.最後に、学生へのメッセージをお願いします。

時どき授業の中でも話すのですが、自分はどのように生きていきたいのかを考えてみるといいと思います。「なりたい自分」、「ありたい自分」を描くということです。それに向かうことでぐんぐん前に進めるし、様々な困難にあったとしてもその像がよすがとなり再び奮い立たせてくれるのだと思います。

人生を楽しんでください!

(聞き手:堀江このみ・横山美佳/調査日:2015 年 7 月 27 日)