画像イメージ

ここからページの本文です

竹内光悦先生

人の行動や意識をデータ化して、その特徴を捉えるデータサイエンス教育を考える

竹内光悦先生

竹内 光悦(TAKEUCHI Akinobu)/人間社会学科・准教授

略歴:鹿児島大学理学部、理学研究科、理工学研究科を修了。博士(理学)を取得。数学の教員免許を取得しながら、専門社会調査士も取得し、調査や分析を用いたデータサイエンス教育を研究中。立教大学社会学部助手を経て、2004 年から実践女子大学人間社会学部専任講師・同准教授就任。他大学や公的機関・企業等でも、調査・分析系の授業や講演を担当。その他、統計関係の検定試験やグラフコンクールに関係し、ワークショップやデータコンペティションの事務局等にも従事。

Q.先生の研究分野を具体的に教えてください。

画像イメージ

研究分野は統計科学です。統計科学では、様々な分野で問題解決を目指すために、データを適切に集めたり、分析することを研究します。ざっくばらんにいえば、調査と分析に関する研究をする分野といえばわかりやすいでしょうか?人間社会学部では、人間社会で起こり得る問題や課題について、より適切にデータに基づいて説明・解明していくことを目指しています。

Q.なぜ統計科学を研究しようと思ったのですか?

人間社会のように様々な人がいれば、いろいろな問題が起こりますよね?それらの客観的な解決を目指すためには、データを見ることが大切です。そのことを研究して社会に役立てられたらいいなと思っていました。それができる分野が、統計科学ですので、この分野を選びました。

この分野は日本ではあまりなじみがないかもしれませんが、海外では多くのトップ大学で統計科学に関する学部があります。また近年、欧米や中国、韓国、など日本以外の国では小学校から統計学を取り入れ、データに基づく問題解決力の育成をしています。統計学部がない日本では統計学の力を持つ人材育成が十分とは言えず、海外へデータの分析を外注している企業事例もあります。その意味で統計に関する教育を日本で普及させることも踏まえ、この分野に興味を持っています。

Q.なぜ日本には統計学部がないのですか?

統計という分野の適用範囲が広いことが原因かもしれません。統計の授業自体は心理学や経済学、社会学に限らずさまざまなところで開講されていますので、特定の学部を作ることに動かなかったのではと思います。ただ学習指導要領が変わり、高校までにいろいろと統計に関する内容が含まれていましたので、今後は変わってくるかもしれません。

Q.なぜ女性に統計を学んで欲しいのですか?

画像イメージ

一般的に体力面では女性は男性に劣るかもしれませんが、統計学に関する知識や技術を持っていれば、データによる客観的な主張や議論ができるため、女性にぜひ理論武装の一つとして身につけて欲しいと思っています。そこには女性目線での分析や丁寧な分析がこれまでの経験からも期待できます。有名なナイチンゲールも統計を使って、自身の主張を行っていたぐらいです。今後ますます女性の社会進出が増えると思います。苦手意識を持っている人の誤解を解いてぜひ多くの人に学んで欲しいと思います。

Q.誤解とは何ですか?

統計というと理系をイメージするかもしれません。でも統計に関する内容は理系、文系問わずどこでも必要とされます。学生と話をすると「統計=数学」と誤解している人が多いように感じます。もちろん統計の一部では数学に近いところもありますが、別のところでは、高校までに習う社会科での統計情報を扱う分野もあります。社会科、特に地理などでグラフを使った表現や数値の読取があったと思いますが、それらを対象とするのも統計の分野にあります。人間社会学部では統計を数学と思っている人が不安に思っている場合もあるため、この社会系の統計、社会統計等を中心に紹介することを意識し、データを用いたレポート作成や卒業研究ができるように努めています。

Q.現在、ゼミ活動は主に何をしているのですか?

ゼミ生の発表

ゼミではグループワークを中心としたデータに基づく問題解決の演習をしています。グループワークは現在の社会人基礎力に関する調査結果を見ても、企業が求めている力の一つですので、これらの力の習得を意識しています。これらのグループワークでは、データに基づく主張を心がけることを指導し、ミーティングも重要視し、お互いに客観的に評価し合える環境も作っています。グループワークでは実践的な演習をしていて、専門書を読み続けるような購読・輪読は二の次にしている分、やや統計の専門性が不足しているかなと感じているのですが、まずはゼミではデータを用いた問題解決を学ぶ動機づけと位置づけ、現在のスタイルをとっています。輪読をしていないのですが、その分授業を取るように指導していますので、グループワークで分析の必要性を感じながら学んでくれたらと思っています。竹内ゼミでは学外のコンペティションやコンテストに参加して、社会で活躍できるように、少し背伸びしている部分もあるかもしれませんが、みんな楽しみながら挑戦しています。

Q.最後に、学生へのメッセージをお願いします。

今を楽しく大切に生きてください。時間は無限ではなく、有限です。その意味で、大学生の皆さんがやるべきことは、学ぶことも大切ですが、人脈作りも大切と思います。就職したら会社内外の関連のある人との関係に狭まることもありますので、国内外に知見を広げることを行い、人の繋がりを意識してもらえたらと思います。もちろんそのためにも自分づくりも大切です。日々、無駄な時間にならないように意識して行動して欲しいと思います。

(聞き手:大西雪乃・菊池すみれ・角田美和/調査日:2015 年 7 月 28 日)