画像イメージ

ここからページの本文です

オーストラリア英語研修参加者の声

  • 国際コミュニケーションコース M.M.さん
  • 国際コミュニケーションコース Y.Y.さん

研修に参加して良かった点、悪かった点

自分の語学力の無さに気づき、恥ずかしがるのではなく意識して話そうとすることによって確実に力をつけることができました。最初のころは相手が話す内容にYESやNOでしか答えられませんでしたが、たった一か月でも、自分の取り組み方次第で、語学力の伸び方が違うということを感じました。

また研修中は、オーストラリアの人柄の良さ、美しい自然、多国籍文化による多様な食文化等を存分に味わうことができました。ホームレスなどの生活弱者に優しいオーストラリアはでは、毎週決まった曜日にホームレスが無料で食事をとることができるフリーミールがありました。留学生をたくさん受け入れているので、まさかと思うようなお店で学割が利用できたりと学生にとっては素晴らしい環境だと感じました。

ストッツカレッジの校内では、どの国の出身者も英語のみで会話しなくてはならない決まりがありましたが、何度注意されても母国語で会話している人がいたり、授業中にもとっさに日本語が出てしまったりと、気を付けていても失敗してしまうことも多くありました。様々な国から来た人々が住んでいるがゆえに、食べ方のマナー、トイレの使い方など違和感を覚えるものがあると、日本の文化を基準にものを考えてしまい、理解できないことを否定してしまうこともありました。また物価が高いので、長期で滞在する場合は、経済的な余裕がないと生活していくことは難しいと感じました。

挑戦したこと、達成したこと

オーストラリアに研修に行っている間、毎日英語で日記をつけていました。単語を並べるだけだったり、その日に訪れた場所での購入品や感じたことなどをニュアンスが伝わるようなレベルで書いているだけでも、もっと文章を書けるようになりたくて勉強のやる気が出たり、あとで読み直した時に、自分の頑張りを思い出して活力になったりと、後にいい影響があると感じました。

現地で魅力的に感じたこと

画像イメージ

私のホームステイ先からストッツカレッジまでは一時間程かかる距離だったので、日本でいう路面電車のようなトラムという乗り物で毎日通っていました。トラムに車いすの人が乗ってきたときに、当然のように周囲の人が手伝ったり、降車する人の忘れ物をわざわざ降りて届けたり、人々の優しさが溢れる国で、日本人も是非見習うべきと感じました。
そしてとにかく町並みが綺麗でした。道路にもゴミが少なく、清潔感があり住みやすい国だと感じました。

ホストファミリーについて

画像イメージ

私がホームステイしていた家はホストマザーのメアリー、その夫のサム、息子のジョーダンの3人家族でした。ジョーダンの上の男女1人ずつの兄弟は、結婚して一緒には住んでいませんでしたが、毎週のように孫も集まって全員でディナーをしたりと明るい家庭でした。 ホストマザーのメアリーはまさに肝っ玉母さんという感じで、言いたいことはズバッと言うハッキリした性格の人で、一緒にいて退屈することは絶対にない人。しかし少し天然なかわいい場面もあって、ギャップが魅力的でお米が大好きな素敵な人でした。 ホストファーザーのサムは、初めて家であいさつした時に、メアリーが良いシェフだと紹介した通りに料理の腕がプロ級の家庭菜園とビリヤードが大好き、優しくて彼がすることの全てが素敵に見えるような人でした。 息子のジョーダンは笑顔の素敵な人で、仕事でほとんど家にいなかったため、あまり会話をする機会はありませんでしたが、たまに会うと気さくに話しかけてくれるような人でした。 メアリーたちは何年も留学生を家に受け入れており、慣れているおかげでこちらが聞き取れないことがあって困ったときも言い回しを変えて分かりやすく言い直してくれるなどサポートしてくれ、1か月間、ホームシックになることなく毎日過ごすことができました。家にビリヤード台があって、毎晩同じ家にホームステイしていた友達と打倒サムを掲げプレイし、相手をしてもらってはレクチャーしてもらったりと、毎晩楽しみがあり本当に楽しい1か月でした また、ストッツカレッジで宮城県出身の通訳を目指している方と友達になりました。夢に向かって、1年もの長い期間、一人で知らない国で頑張っていました。留学に来ている人は自分のために頑張っている人ばかりなので、会話をしていて努力しているのがひしひし伝わってきて、自分も1か月の間一緒にいていい刺激になりました。

お気に入りの場所

画像イメージ

私のお気に入りの場所はフリンダース・ストリート駅、ライゴンストリート、スワンストン・ストリート、シドニーのオペラハウスなど様々ありますが、そのなかでも一番お気に入りなのはビクトリアマーケットです。ここでは夜限定のビクトリアナイトマーケットがあり、昼とは全く違うお店が出たり、食事ができたりと、何度行っても飽きることのない魅力的な場所でした。

後輩に紹介したいお店

私が紹介したいお店は、ストッツカレッジの近くにあるTUTTOというカフェで、このお店にあるマカロンとフルーツのジュースは本当においしかったので一度は行ってみることをお勧めします。

研修を通して学んだこと

研修を通して、自分の取り組み方次第で語学力は上げることができるということ、文化の違いを認め合って知ることによって自分を高めることができるということ。人との出会いは自分の大きな糧となることをこの1か月で実感しました。

来年度、この研修に参加する後輩へ

来年度研修に参加するみなさんには、オーストラリアの魅力を存分に感じてきてほしいと思います。その為には英語に苦手意識を持たず、もし行った先で会話が通じず困ったとしても、コミュニケーションを取ることに臆病にならずに、積極的な姿勢を崩さないようにするといいと思います。どんなことがあっても「これは経験だ」と何でも楽しもうとする気持ちがあれば、いい思い出として記憶され自分の糧になるはず。是非、オーストラリアの美しい風景、多国籍文化のおもしろさや違いの発見、人々の親切さなど素敵な魅力的なものをたくさん見つけてきてほしいです。

研修に参加して良かった点・悪かった点

研修に参加して良かった点は、実に様々な体験ができたことです。私は、海外に行くのが今回初めてでした。高校時代から異文化に興味があり、海外研修に行ってみたいと思っていて、それを遂に実現することができました。実際に行ってみると、やはり授業で習っていた以上のもので、現地の文化を肌で感じることができ、感動しました。交通のマナー、日々の生活、食べ物など自分の目で確かめることができてよかったと思います。参加してみて、前よりももっといろんなことにチャレンジしてみようという気になりました。
一方、事前にもっと英語の勉強をしていけばよかったとも思いました。事前に勉強していれば、オーストラリアの人ともっと仲良くなれた気がします。

研修で挑戦したこと、達成したこと

今回の短期研修では、現地の人と話しをしたいと思っていましたが、ホストファミリーや学校の人以外とも話すことができるようになってよかったです。また海に行きたいと思っていましたが、三回も行けたのでよかったです。

研修中、現地で魅力を感じたこと

画像イメージ

オーストラリアの人々の優しさです。私は、いつもトラムを使って学校に行っていましたが、ある日いつものトラムに乗っていたら、いきなり逆方向に進み始めました。驚いて周りの人に尋ねると、故障で違うルートになったと教えられました。「ここまで行きますか」と聞くと教えてくれたのですが、よく分からず困っていたら、周りのオーストラリアの人たちが数人で話し合ってくれて、一人の女性がトラムを降り、目的地まで案内してくれたのです。本当に困っていたので、とても嬉しかったです。


オーストラリアには、多くの国の人が住んでいて、街を歩いていてもアジア系の人も結構いて溶け込みやすいなと感じました。いろんな国の文化を感じることができた点もよかったです。また海が本当に綺麗でした。

ホストファミリーについて

画像イメージ

私がお世話になったのは、Paulineさんのお宅で、Paulineさんは一人暮らしでした。今までも留学生を多く受け入れてきたようで、とても慣れていました。非常にフレンドリーで友人が多く、よく出かけていました。私の滞在中、たくさんの友人が訪ねてきていました。小学校の先生をしていて子供好きの人でした。
普段はご飯を一緒に食べた後、紅茶やフルーツを食べながら一緒にテレビを見ました。テレビを見ながら、オーストラリアについていろいろ教えてくれました。そのほか、ベトナム料理のレストランに連れて行ってくれたりもしました。

現地の方や他の留学生との交流について

友達と学校周辺で道に迷っていたところ、助けてくれた親切な現地の人がいて、仲よくなりました。その後連絡をとって、オーストラリアのお店に連れて行ってもらいました。そのお店で日本人の元留学生と知り合い、いろいろな話が聞けました。私たちを助けてくれた人は、挨拶ぐらいの日本語しかわからない人でしたが、頑張って英語でコミュニケーションが取ることができました。

お気に入りの場所、食べ物・後輩に紹介したいお店

画像イメージ

お気に入りの場所は、DFOというアウトレットです。オーストラリアは物価が高くて大変でしたが、ここはアウトレットでとても安くなっていて、ここでかなり買い物しました。食べ物でおすすめはメルボルンセントラル駅にあるフードエリアのフローズンヨーグルトです。オーストラリアのヨーグルトは濃厚でしかもフローズンだったので、暑いときにちょうど良くておいしかったです。そのほか、フェスティバルのときのフリンダース駅がすごくきれいでした。

研修を通して学んだこと

いろいろなことが初めてで、それをやっていくうちに少しずつ自分に自信がついてきました。高校時代から海外研修に行って異文化を体験したいと思っていましたが、それが達成できまた新たな目標もできました。一人でホームステイ生活を送ることは、とても不安で最初はつらかったけれど、英語を使うしかない環境の中、以前よりも英語が聞き取れるようになり、本当によかったです。いろんな体験ができ、これまでとは違う考え方もできるようになりました。

後輩へのメッセージ

私は、就職活動と重なるこの時期に、一カ月も留学していてよいのかとても迷いました。最終的には、自分が長い間やりたかったことをやろうと決断しました。実際に行ってみて、オーストラリアは本当に魅力的な国で、来てよかったと何度も思いました。不安は大きかったけれど、オーストラリアでの様々な体験を経て、これから先ももっと様々なことに挑戦してみたいと思えるようになりました。後輩の皆さんも、ぜひ楽しんでください。