画像イメージ

ここからページの本文です

2015年11月

身体を動かして健康に(11/19)

 気がつけば11月。あっという間に寒くなり、世間はクリスマスムードに染まりつつあります。渋谷校舎へ向かう手前では、周辺に建ち並ぶビルの影響か風がとても強く、吹きすさぶ風の冷たさに身体を堅くする毎日です。

 そんな寒さ厳しくなりつつある4日、板倉文彦先生の「キャリアデザインとライフプラン」の授業内において特別講師をお招きし、特別授業を実施しました。

画像イメージ

 お招きしましたのは、フリー体操インストラクターの有賀暁子さん。実践女子大学国文学科の卒業生であり、NHKの「みんなの体操」にて11年間もの間、体操のインストラクターをされていた方でもあります。
 有賀さんにお話しいただいたのは、「行動することの大切さ」について。
 この「キャリアデザインとライフプラン」は1年次の必修授業です。自分の将来を見つめ、目標を明確にし、それに向かっていくために必要とされるスキルを認識する力を修得することを目的としています。

画像イメージ

 学科は違えど同じ実践の卒業生であり、偉大なロールモデルとも言える有賀さんのお話しを伺うことは、学生たちにとってとても貴重な経験となったことでしょう。
 後期も半ば、まもなく折り返しとなります。1年生は2年生へ進級したさらにその先までもを見据え、日々の学生生活を過ごして欲しいと思います。

(文責・藤咲)