画像イメージ

ここからページの本文です

2016年12月

学科講演会・ホームカミングデーが開催されました

 今年も残すところあと10日を切り、いよいよ年末がやってきましたね。「よいお年を」とご挨拶するごとに、今年ももう終わるんだなあ……としみじみしてしまいます。

 さて、去る12月1日、学外の講師をお招きして学科講演会が開催されました。講師としていらしていただいたのは、公益財団法人ブルボン吉田記念財団ドナルド・キーン・センター柏崎にて理事・学芸員を務めていらっしゃる吉田眞理さまです。
 吉田さまとドナルド・キーン氏との出会いや、ドナルド・キーン氏の半生に触れながら「平和を育む国際人とは ・・・・・ドナルド・キーン先生の行動の軌跡に触れながら・・・・・」という題目でご講演いただきました。
 講演の中で紹介された、ドナルド・キーン氏の「国際人とは“あなたと私は同じ”という感覚を持っていること」という言葉には、多くの学生が感銘を受けていました。これは国際的な交流のみならず、人と関わる場面すべてで大切な感覚だと思います。これから広い世の中でたくさんの人と関わっていくなか、折に触れて思い出したい言葉ですね。
 吉田さま、すばらしいご講演をありがとうございました。

画像イメージ

 また、12月18日には、平成26年度・平成27年度短期大学部卒業生を対象にしたホームカミングデーが開催されました。当日は多数の卒業生にご参加いただき、和気あいあいとした雰囲気で会が進められました。近況報告などつもる話に花が咲き、楽しい時間を過ごしていただけたようです。
 ご参加くださった卒業生の皆さま、ありがとうございました。

画像イメージ

 年が明けるとすぐに後期試験が始まります。学生の皆さんは、試験に全力で臨めるよう、冬休みにはゆっくりお休みしてくださいね。ただ、ゆっくりしすぎて気が緩まないよう、体調を崩さないよう気をつけましょう。

 それでは皆さま、よいお年をお迎えください。