画像イメージ

ここからページの本文です

カリキュラムと授業紹介

単位・カリキュラムのポイント

単位

卒業に必要な単位 必修 選択
共通教育科目 8 10 64単位以上
専門教育科目:
情報スキルコース
基幹科目10 コース科目10 基幹科目14以上 コース科目12以上
専門教育科目:
コミュニケーション
スキルコース
出版編集コース
基幹科目10 コース科目11 基幹科目14以上 コース科目11以上

カリキュラムのポイント

1年次

社会人として必要な日本語に関する基礎的な科目のほか、ビジネススキルを身につける科目も必修。日本文学や文化、さらに日本語の表現力を育む科目と多彩で知的能力を高めます。

2年次

専門的な教養を深めながら個々の進路を見据え、必要なスキルを強化していきます。『卒業研究』では、興味のあるテーマを深く掘り下げて調査・研究を進め、研究レポート・作品を仕上げます。

授業紹介

出版文化史

画像イメージ

時代の息吹を感じ取りながら
出版文化の歴史を理解

 この授業は、主に近代以降の日本における出版文化の流れを見渡すことがねらいです。できるかぎり当時の空気に触れながら、現代につながる出版文化の歴史を理解してもらうために、木版和本から活字の実物、さらには『太陽』『中央公論』『キング』『改造』『文藝春秋』などの雑誌や週刊誌の実物、文学作品の初版本なども用意。実物の手触りを楽しみ、デザインなどのビジュアル面からも時代の息吹を感じ取ってもらえるように授業を進めていきます。

香の文化

優雅な香りの文化を味わう

香道は、香木をたいてその徴薫を鑑賞する「香り当てゲーム」のような日本の伝統文化。静かな和室で、500年の歴史を持つ香道を体験します。豊かな芳香に包まれて、日本の文学や文化を新鮮な驚きで味わえることでしょう。

ことばと生活

日常の日本語を解明する

 ら抜きことば、若者特有の短縮後、また電子メールの普及がことばに与える影響などをテーマに、私たちがなにげなく使っている日本語について分析を行います。社会言語学の立場からことばのおもしろさに迫る授業です。

※科目一覧および講義概要(シラバス)は2017年4月1日現在のものです。これ以降の変更・訂正については反映されません。単位・カリキュラムについては入学年度の履修要項をご覧ください。