画像イメージ

ここからページの本文です

ゼミ・修士論文

修士論文・博士論文について

美術史学を軸とした諸分野について、先行研究の批判的検討や作品分析、社会的文脈の考察等を通して、各々の研究テーマを深めさせ、論文作成の指導を行う。

仲町 啓子

美術史研究に関する専門的研究方法を修得し、かつ博論作成に向けて論文指導を行う。将来専門的な研究職について、自立した研究者として活躍できるようになることを目指す。

児島 薫

受講生の研究対象に応じて作品、資料の実地調査を行い、日本近代美術史に関する論文作成、研究発表を指導する。新知見の探求を目指し、研究者として自立しうる力を養う。

宮崎 法子

中国美術史研究における作品分析を多角的な視点から深めるために助言指導を行い、また作品と画家をとりまく状況を探求し、作品の美術史的位置づけを行うために必要な文献や歴史資料の扱いとその解釈に関して実践的指導を行う。

武笠 朗

口頭による研究発表を重ねながら博士論文研究を深め、論文執筆を進めていく。同時に博士の学位にふさわしいより高度な専門知識を習得し、作品調査・作品調書作成などの実践的研究方法を身に付ける。

駒田 亜紀子

西洋古代~近世美術史分野における基礎資料・史料の収集・読解・分析を実践的に指導し、各学生の研究テーマに即した論文指導を行う。

六人部 昭典

西洋近代美術の研究テーマについて、主題研究やフォルムの分析などを通して、客観的な考察へ導く。

椎原 伸博

芸術学に基づく研究方法を確認した上で、研究テーマに関する文献や資料の収集を指導する。そして、それらの緻密な読解と解釈を基にして、論文作成指導を行う。