画像イメージ

ここからページの本文です

3つの分野

イギリス文学・アメリカ文学・英語学の各分野を、高度な専門性を保ちながら自立して研究できる環境が整っています。どの専門分野に進んでも、体系的に学修、研究を行なうためのきめ細かな指導が施されています。修了後は中学・高等学校教員として社会に貢献することも考慮し、現代英語の知識と運用能力を高めるとともに、偏りのない豊かな人間性の涵養を目的としています。

イギリス文学

イギリス文学の分野では、中世から現代に至るまでの幅広い文学並びに文化についての研究ができます。イギリス文学における伝統と個性の問題、階級の問題、女性作家や女性の地位の問題について考察する一方で、現代の多様な研究の動向にも目を向けています。

アメリカ文学

アメリカ文学及びその社会的背景をさまざまな角度から追及します。例えば、難解な長編小説の深淵を究める、アメリカ社会の根底にある宗教や思想を考証する、社会を大きく変容させてきた様々な社会改革運動をたどる、女性の地位と権利の過去と未来を考察する、といった多様なテーマを研究することができます。

画像イメージ

英語学

本学大学院の英語学は、現在の教員構成上、最大の強みは生成文法理論です。ヒトはなぜ限られた語彙と文法規則を使って、これまで見たことも聞いたこともない新しい文を無限に生み出すことができるのか、という人間の言語能力の根源に迫る言語学を探求します。

≪学生による授業紹介≫

≪分野別教員紹介≫